ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > 消費生活相談FAQ > 賃貸アパートの更新に、更新料が必要か。

更新日:2018年5月11日

賃貸アパートの更新に、更新料が必要か。

相談

2年間の契約で賃貸アパートに入居した。不動産業者から、「もうすぐ期間が満了になるが更新するか」と聞かれたので、更新すると答えた。後日、不動産業者から届いた書類には更新料が必要と書いてある。入居時に説明されなかったが、更新料は払わねばならないか。(20代、女性)

更新料については、法律の定めはありません。契約時に説明がなく契約書に更新料の取り決めがなければ支払う必要はありませんが、多くの場合、契約書には1か月分程度の更新料の取り決めがあります。

アドバイス

 賃貸アパートの契約では、契約期間が満了後も、貸主との話し合いにより、引き続き賃貸借契約を続行(更新)することができます。更新時に貸主から今までの条件を変更し、家賃の値上げや特約を新たに付けることを求められる場合もあります。必ず応じる必要はないので、話し合いましょう。
 更新の際に貸主に支払う更新料については、法律上の規定はありません。契約時点で、当事者の間で更新料を支払うと約束し、契約書面に更新料の定めが明記され、その金額が不当に高額でなければ有効とされています。更新料を払う約束がなく、契約書に更新料を払うという特約がなければ支払う必要はありません。更新料の金額は、だいたい家賃の1か月分くらいが多いようです。
 この事例では、契約書を確認してください。契約書に記載がなければ支払う必要はありません。

用語

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.