ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > 消費生活相談FAQ > 携帯電話の迷惑メールに記載されていた配信停止URLをクリックしたら料金請求メールが届いた。

更新日:2018年5月11日

携帯電話の迷惑メールに記載されていた配信停止URLをクリックしたら料金請求メールが届いた。

相談

携帯電話に出会い系サイトから迷惑メールが届くようになったが無視していた。暫くしたら、「配信停止はこちら」と書かれたメールが届いたので、メールのURLにアクセスした。サイトでは配信停止の手続き方法が分からなかったので、何もせずにサイトを閉じた。その後、出会い系サイトから、サイトの利用料金5千円を払うようにと何度も督促メールが届いている。出会い系サイトは利用するつもりはなく、契約した覚えもない。支払義務はあるのか。(40代、男性)

消費者の意に反して会員登録させる詐欺的な手口です。契約は成立していないので、支払義務はありません。今後、サイト事業者からの督促メールや迷惑メールが多くなる可能性がありますので、携帯電話の受信拒否機能等を利用し、不要なメールが届かないようにしましょう。

アドバイス

 届いたメールのURLにアクセスすることで料金が発生することが消費者にはっきりわかるように書かれていたわけではないので、契約は成立していません。また、ネット通販で必要とされている契約内容を確認する画面の提示もなく、契約の無効を主張することもできます。
 消費者に同意を取らない商業広告メールの送信は禁止されています。迷惑メールで届いたメールのURLに仕掛けがあり、URLをクリックしてサイトにアクセスした時点で、サイトにアクセスして来た人のメールアドレスがサイト運営者にわかる仕組みになっています。しかし、メールアドレスから他の個人情報を確定することはできず、携帯電話会社が個人情報を開示することも原則ありません。携帯電話の受信拒否機能を利用して様子を見ましょう。携帯電話の受信拒否機能の利用が出来ない場合はメールアドレスの変更も一つの方法です。

用語

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.