ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > 消費生活相談FAQ > 買ったばかりのスマートフォンが故障。水濡れが原因と言われたが納得できない。

更新日:2018年5月11日

買ったばかりのスマートフォンが故障。水濡れが原因と言われたが納得できない。

相談

買ったばかりのスマートフォンの通信接続が悪くなり、買った店で見てもらった。「水濡れが原因で基盤の交換が必要と思う。詳しいことはメーカーに修理に出さなければわからないが、修理代がかかる」と言われた。水中に落としたことも雨に濡らしたこともない。欠陥品ではないか。(40代、男性)

スマートフォン本体の中にある水濡れ判定シールを見て、販売店が水濡れと判断したものと思われます。水濡れの場合は保証期間内でも有償修理となります。

アドバイス

 水に濡らしたつもりがなくても、例えばスマートフォンを胸ポケットに入れておいた場合など、長時間汗をかくような条件があれば、水濡れが起き不具合が発生する可能性があります。この事例でも、水濡れであれば有料修理となる可能性が高いでしょう。
 また、防水であっても、使い方によっては水濡れとなります。例えば、常温の水ではなく海水やアルコールが付着したり、端子差し込み口等に水が入ったりした場合です。その他、水濡れは外界からだけではなく、内部の湿気や外界との温度差による結露が原因となる場合もあります。
 汗をかかない場所や結露が生じない場所に保管することや、水没事故につながる落下等に注意しましょう。

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.