ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

トップページ > 相談したい > 消費生活相談FAQ > トイレがつまって修理業者を呼んだ。大がかりな工事になり高額すぎる。

更新日:2018年5月11日

トイレがつまって修理業者を呼んだ。大がかりな工事になり高額すぎる。

相談

夜、トイレがつまったのでネットで見つけた業者に来てもらった。つまりを取るには便器をはずさなければいけないと言われた。急いでいたので2万円を払って直してもらった。ネット広告には「5千円~」と書いてあったのに納得できない。(30代、女性)

業者に料金の説明を求め、返金について話し合いをすることになります。

アドバイス

 水道工事サービスを頼むときは緊急の場合が多く、消費者は慌てて契約してしまいます。業者の説明が不足していることもありトラブルとなります。電話で申し込む時に出張料、点検料など修理費用の概算を確認してください。修理を頼まない時でも出張料はかかります。夜間の出張費は昼間より高いケースがあります。故障の原因がわかったら、見積もりを出してもらい検討しましょう。納得できない代金の場合は、すぐに工事を頼まず別の業者にも見積もりを出してもらい、比較検討しましょう。
 水漏れの場合は、止水栓をしめて応急処置をします。詰まりはラバーカップを使うと簡単に直ることもあるので試してみましょう。
 事例の場合は、契約書に書かれている料金の明細を確認し、インターネットなどに掲載された料金表と比較して、業者から説明を聞いてください。ネット広告の「5千円~」というのは5千円以上かかるとも読めます。現実的には減額交渉をすることになります。

用語