ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > 消費生活相談FAQ > テレビの修理を頼んだら、部品は安かったが出張費と技術料が高すぎる。

更新日:2018年5月11日

テレビの修理を頼んだら、部品は安かったが出張費と技術料が高すぎる。

相談

カラーテレビが故障したので、メーカーの修理サービスに出張修理を依頼した。簡単な修理で30分で終了した。しかし、請求書を見ると、部品代は300円だが技術料と出張費の合計が2万円もする。高すぎるのではないか。(70代、男性)

通常、修理には部品代以外に技術料と出張費がかかりますが、その金額は事業者が決めています。

アドバイス

 家電製品の修理は、購入して一定の期間内は無償ですが、それを過ぎると有料になります。通常、修理費用は部品代と技術料と出張費の合計です。技術料というのは、修理をするために必要な技術に対する費用です。出張費は、技術者が購入者の所に移動するのにかかる費用で、移動時間ごとの一定の費用や交通経費が含まれます。
 この事例では、修理の受付窓口で、修理費用は有料で部品代の他に、技術料や出張費がかかることを説明すべきでした。消費者もトラブルを防ぐためには事前に確認してください。

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.