ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > 消費生活相談FAQ > スマートフォンを買ったが、クーリング・オフしたい。

更新日:2018年5月11日

スマートフォンを買ったが、クーリング・オフしたい。

相談

昨日、大手携帯電話会社のショップでスマ-トフォンを買ったが、帰宅後、操作すると使いこなせない。8日以内なら解約できると聞いた。解約してスマートフォンを返品することができるだろうか?(60代、女性)

自己都合による一方的な契約解除はできません。

アドバイス

 電気通信事業法では、契約書面受領日から8日間は通信サービスのみを解除できる「初期契約解除制度」が規定されています。「初期契約解除制度」では、店舗などへ自ら出向いて契約した場合を含め、解約できます。しかし、端末は原則として解約できませんし、購入時の契約事務手数料や、解約する日までにかかった通信費も支払わなければなりません。
 また、スマートフォンやモバイルWi-Fiルーターなど端末も解除できる「確認措置」という制度がありますが、確認措置による契約解除ができるのは、電波が悪い場合と事業者による説明が不十分であった場合だけです。初期契約解除と同様、通信費は支払わなければなりません。

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.