ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > 消費生活相談FAQ > 和牛オーナー契約をしたが業者が破たんした。投資したお金は戻るか。

更新日:2014年3月28日

和牛オーナー契約をしたが業者が破たんした。投資したお金は戻るか。

相談

出資をして繁殖和牛のオーナーになり、牛から生まれた子牛を売却して利益を得る仕組みの投資で、高利率の利益が得られると説明され契約した。最初は約束通りの利益を受け取っていたが、先日業者が倒産した。出資したお金を取り戻せるのか。(40代、男性)

どのような手続きで倒産の処理を行うかにもよりますが、裁判所を通して法的整理が行われる場合は、その結果を待つしかありません。清算の結果、返金されるお金がほとんどない場合もあります。返金されてもかなり減額されてしまうことが多いようです。

アドバイス

 「和牛預託商法」とも言われるものです。投資なので元本保証ではありません。また、投資対象が生き物のため、予期せぬ病気や市場の相場に売却額が左右されるなどのリスクが考えられるものです。契約する場合は業者の経営の健全性を確認し、高い利益が見込める根拠がなにか等の商品の仕組みをよく理解した上で、投資するかの慎重な判断とリスクに対する覚悟が必要です。
 この商法は預託法で規制され、契約書面の交付義務があります。また、契約して14日以内であればクーリング・オフができますし、その後は中途解約できると規定されています。
 知らない業者から「この被害を回復する」などと言って手数料などを請求され、支払った後に連絡が取れなくなるトラブルもあります。二次被害に注意をしてください。

用語

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.