ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > 消費生活相談FAQ > 「借りない」と断ったのにヤミ金から勝手に振り込まれた。対処方法は。

更新日:2018年5月11日

「借りない」と断ったのにヤミ金から勝手に振り込まれた。対処方法は。

相談

ネットで見つけたヤミ金を利用したことがあり、その時は元金も金利も返済した。先日、「お金を貸します」と携帯に電話があったが断った。今朝、「融資金の2万円から事務手数料3千円を差し引いて1万7千円を口座に振り込んだ。1週間後に利息の2万円を当方の口座に払うように」と突然電話があり、一方的に電話を切られた。銀行口座を確認したら、業者の言うように個人名で1万7千円が振り込まれていた。どうしたらよいか。(30代、男性)

これは「押し貸し」と言われるヤミ金の手口です。借金の申込みをしていないのに、勝手に口座にお金を振込み、高額な利息を請求します。すぐに銀行口座は解約し、警察署に相談しましょう。

アドバイス

 以前ヤミ金を利用した際の個人情報が悪用されたと思われます。契約は双方の合意があり成立しますので、この事例では契約は成立していません。著しく高金利での貸付を行っている業者に対しては利息だけでなく元金も含めて返済する必要はありません。
 ヤミ金の執拗な取立てに根負けして、一度でも払ってしまうと、いつまでも関係を断ち切れなくなります。毅然とした態度で、きっぱり断ることが大切です。ヤミ金に教えた銀行口座は、解約するか口座番号の変更の手続きをしましょう。
 地元の警察署に出向き、ヤミ金が使用している銀行口座の凍結を依頼してください。凍結した口座に1千円以上の残高がある場合は、「振り込め詐欺救済法」に基づく手続を行うことにより、以前ヤミ金を利用した時の被害額の全額又は一部が返金される可能性があります。
 困った時は、すぐに最寄りの消費生活センターにご相談ください。

用語

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.