ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > 消費生活相談FAQ > 電話で融資をするサラ金業者から借金をしたい。注意することは何か。

更新日:2014年3月28日

電話で融資をするサラ金業者から借金をしたい。注意することは何か。

相談

急に50万円が必要になったのでサラ金から借金したい。店や無人契約機での契約は手続きが面倒そうなので、スポーツ新聞で見た「電話で融資」をするサラ金から借りるつもりだが、どんなことに気をつければよいか。(20代、男性)

貸金業者は登録制です。まず登録を確認しましょう。それから金利を確認します。低金利とうたっていても実際高金利だったらやめることです。

アドバイス

 貸金業者からお金を借りるときに、一番大事なことは、本当に借金をする必要があるのか、借りたとしても、本当に短期間に返せる金額なのかを考えることです。
 貸金業者を選ぶときは、業者が貸金業の登録があるか確認します。「電話で融資」と広告をする業者は、ヤミ金融業者である可能性があります。
 登録業者かどうかの確認は、都知事登録業者の場合は東京都産業労働局金融部貸金業対策課へ、財務局長登録業者はそれぞれ各地の財務局へ問い合わせできます。金融庁のホームページの「登録貸金業者情報検索入力ページ」で検索ができます。
 実際に借りる場合は、契約する前に金利を確認してください。貸金業者の現行の上限利息は、年率15%~20%です。それ以外に、返済方法、遅延損害金などを確認します。契約書は必ずもらってください。貸付の条件を具体的に説明できない業者や契約書を渡さない業者との契約はやめましょう。納得できないときははっきりと断ってください。

用語

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.