ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

トップページ > 相談したい > 消費生活相談FAQ > 債権回収会社から督促書面が届いた。架空請求か。

更新日:2018年5月11日

債権回収会社から督促書面が届いた。架空請求か。

相談

債権回収会社から請求書が届いた。消費者金融での借り入れ分のようだが、既に完済していると思う。法務大臣の認可番号が書いてある。架空請求の書面か。(50代、男性)

法務省のホームページで「債権管理回収業の営業を許可した株式会社一覧」を確認することが出来ます。正規の債権回収会社(サービサー)であれば直接問い合わせても問題はありません。

アドバイス

 法務省のホームページに掲載されている「債権管理回収業の営業を許可した株式会社一覧」で、サービサーの許可番号・営業許可年月日・商号・代表者・本店所在地・電話番号を確認することが出来ます。
 正規のサービサーであれば、自分の債務の状況を確認することが出来ます。サービサーは本人以外の人には契約内容の情報の開示はしませんので、特別な事情が無い限り本人が連絡する必要があります。商事債権の消滅時効の5年が経過している場合は、時効の援用ができる場合もあります。
 正規のサービサーからの書面ではない場合は、不当請求や架空請求が考えられます。その場合は、無視して様子を見ましょう。
 困ったときは、消費生活センターに相談してください。

用語