ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > 消費生活相談FAQ > 外国語教室が突然閉鎖されたが、クレジットの支払はどうなるのか。

更新日:2018年5月1日

外国語教室が突然閉鎖されたが、クレジットの支払はどうなるのか。

相談

通っているイタリア語教室が突然閉鎖され、業者に連絡がつかない。1年間の契約をしていたが1か月前に延長を勧められ、さらに1年間の契約をしたばかり。そのときにクレジット契約にしたが、どうすればよいか。(50代、男性)

教室のサービスが受けられなくなったのですから、クレジットの支払いを止める手続きをしてください。クレジット会社との話し合いが考えられます。 

アドバイス

 クレジット契約は、割賦販売法で規制されています。語学教室などの長期間のサービスを提供する業者が倒産して消費者がサービスを受けられなくなった場合、クレジット会社に代金の支払いを拒否することができます(支払停止の抗弁といいます)。その後はクレジット会社と精算方法について話し合いをすることになります。すでに提供されたサービスを計算して、精算するやり方が多く行われています。
 困ったときは消費生活センターに相談してください。

用語

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.