ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > 消費生活相談FAQ > 16歳の娘が親の名前で同意書を書き、美容整形手術をしたが取り消したい。

更新日:2018年5月11日

16歳の娘が親の名前で同意書を書き、美容整形手術をしたが取り消したい。

相談

16歳の娘がまぶたの美容整形手術を受けた。親の了解を取っていないとクリニックに抗議すると、同意書があると反論された。娘が手術を受けたい一心で親の同意書を作ったらしいが、自分は同意していない。どうしたらいいのか。(50代、男性)

親の同意を得ないで未成年者が契約した場合でも、親の同意を得ていると偽って、相手方を誤解させたときは取消しできない場合があります。未成年者が相手をだますまでの意志があったか等、総合的に判断する必要があります。

アドバイス

 未成年者とは、20歳未満で結婚していない者のことをいいます。未成年者が親権者等法定代理人の同意を得ないで行った契約は、原則的には取消すことができます。これを未成年者契約の取消しと言います。
 未成年者が行う契約であっても、親の同意が必要ない場合もあります。お小遣いなど、親が処分を許した財産を使った場合などです。また、未成年者が自分が成人であると偽って契約した場合や、親の同意を得ていないのに親が同意したと偽って契約した場合などは、取消しができないとされています。
 この事例では、親が同意していませんが、本人が筆跡を変えて親の名前の同意書を作るなど、積極的にクリニックを誤解させる行為があったのか、また、本当にクリニックが親の同意があると誤認したのかなどによって、判断が分かれるところです。消費生活センターに相談してください。

用語

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.