ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > 消費生活相談FAQ > 母が入居している有料老人ホームのサービスが、説明と違う。

更新日:2014年3月28日

母が入居している有料老人ホームのサービスが、説明と違う。

相談

高齢の母が入居している、介護付き有料老人ホーム。以前入院した病院に紹介され、数社の事業者から選んだところだが、担当者が次々変わる、ナースコールをしても返事がない、食事の質も悪いなど、契約時の説明と違っている。どうしたらよいか。(50代、女性)

まず有料老人ホームに苦情を申し出て、話し合うことです。困ったときは、消費生活センターや(公社)全国有料老人ホーム協会など関係団体に相談しましょう。

アドバイス

 介護付有料老人ホームで受けられる介護サービスの内容は、ホームを選択する上で重要なポイントです。どのようなサービスが受けられるのか、どこで介護を受けるのか、胃ろうが必要になった場合などホームでどこまで対応してもらえるのか、介護保険の適用対象となるサービス費用はいくらかなど、具体的なサービス内容や料金を、事前に必ず確認しましょう。また、運営懇談会など、入居者の声を反映させる仕組みの開催状況も確認しておきましょう。
 この事例では、事業者の代表者に苦情を申し入れしてください。それでも改善されないときは消費生活センターや、(公社)全国有料老人ホーム協会、国民健康保険団体連合会などに相談してみましょう。また、ホームの届け出先であり、介護付有料老人ホーム(特定施設)としての事業者指定を行った、都道府県の所管課へ情報提供することも可能です。

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.