ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > 消費生活相談FAQ > 英会話学校が倒産した。レッスン料が残っているので、返金してほしい。

更新日:2014年3月28日

英会話学校が倒産した。レッスン料が残っているので、返金してほしい。

相談

半年前に契約した英会話学校に久しぶりに行ったら、閉鎖の張り紙がしてあり電話もつながらない。ネットで調べたら倒産したという情報があった。1年分のレッスン料30万円は現金で支払っている。半年分のレッスンが残っているので返金してほしい。(20代、女性)

事業者が倒産した場合、被害を回復するのは困難です。消費生活センターに相談してください。

アドバイス

 語学教室などの事業者が倒産した場合、支払ったお金が戻ってくることはほとんど期待できません。事業者の破産が決定して破産管財人が選任された場合、消費者は破産管財人に債権届けを出すことになりますが、そもそも事業者が負債を抱えて倒産したため、残った資産を分配できたとしても、消費者が受取れる金額は少なくなります。
 また、他の事業者の援助によってサービスが受けられる場合もあります。この場合には、引き受け先の事業者が手数料を請求したり新規契約を勧誘することもあるので、注意が必要です。
 事業者が倒産すると、消費者は厳しい現実に直面することになります。長期間の契約の場合、慎重に事業者選びをする必要があります。

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.