ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > 消費生活相談FAQ > ホテルをキャンセルしたのに、クレジットカード代金が引き落とされた。

更新日:2018年5月11日

ホテルをキャンセルしたのに、クレジットカード代金が引き落とされた。

相談

旅行会社で海外のホテルの手配を頼み、クレジットカードで払った。しかし、現地の友達の家に泊まることになったので、ホテルに行ってキャンセルを伝えた。ところが帰国してからホテルの宿泊料が引き落とされているのに気づいた。どうしたらよいか。(20代、男性)

キャンセルしたことが証明できないと返金は難しいでしょう。

アドバイス

 旅行会社で海外のホテルの手配を頼むと、予約確認書やクーポンが渡されます。出発前のキャンセルは手数料を払って旅行会社で行いますが、現地のホテルでは、予約確認書やクーポンに取消しの証明のサインをしてもらいます。帰国後にその証明をもって旅行会社でクレジットのキャンセルをします。
 この事例では、ホテルにキャンセルを伝えていますが、取消しの証明のサインをもらっていないので、「ノーショウチャージ」(不宿泊料)が請求されたものと思われます。キャンセルしたことが証明されないと返金は難しいでしょう。
 一般的に、電話でのキャンセルはトラブルの原因となるので、避けた方が無難です。電話などでキャンセルする場合は、キャンセル番号と担当者名を確認し、キャンセルした日とともに控えておきましょう。できればファクシミリやメールでキャンセルの書面をもらっておきましょう。

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.