ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > 消費生活相談FAQ > 何もしなくてもお金が入ると言われて契約した健康食品の連鎖販売。話が違うので支払いたくない。

更新日:2018年5月11日

何もしなくてもお金が入ると言われて契約した健康食品の連鎖販売。話が違うので支払いたくない。

相談

1年前に、知人から「健康食品を購入してくれれば下に人をつけてあげるから、あなたは何もしなくてもお金が入る。」と説明されて健康食品を購入し分割で払っていた。しかし、まったくお金が入らなかったため知人に苦情を言ったところ、それ以来電話に出てくれなくなった。分割払いの残金を支払いたくない。(50代、女性)

これはマルチ商法で、販売組織に加入する人を勧誘すると収入が得られる仕組みです。何もしなくてもお金が入るということはありえません。

アドバイス

 「マルチ商法」とは、商品やサービスの契約をして販売組織に加入し、その後に友人や知人を誘って組織に加入させると、その人たちを勧誘したことで利益が得られるという仕組みです。「特定商取引法」で「連鎖販売取引」として厳しく規制されている商法です。
 勧誘の際に、商品や収入に関して嘘の説明をすることは禁じられており、消費者が嘘の説明を信じて契約した場合は、契約を取消すことができます。
 この事例では、「何もしなくてもお金が入る」と嘘の説明をされた上に、販売組織や収入を得る仕組みについては何も知らされていないことから、契約の取消しを主張できると考えられます。契約から1年が経過していますが、当時の状況を整理し契約書等を持参して、消費生活センターに相談してください。

用語

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.