ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > 消費生活相談FAQ > オンラインゲーム業者から利用規約違反と言われアカウントを停止された。不満。

更新日:2014年3月28日

オンラインゲーム業者から利用規約違反と言われアカウントを停止された。不満。

相談

利用中のオンラインゲームのアカウントが突然、停止された。利用規約違反が原因と言われたが全く覚えがない。業者の説明では納得できない。3か月分の利用料金を前納しており、育ててきたキャラクターを失うのも不満。利用規約違反というのであれば証拠を出してほしい。(20代、男性)

実際に利用規約違反があったかどうかを明らかにすることは困難であり、運営業者にアカウントを停止した理由を尋ねても、具体的な回答を得られないことが多いようです。利用規約を事前によく確認した上で利用する必要があります。

アドバイス

 オンラインゲームで、利用者が利用規約違反をした覚えがないと申し出ても、運営業者が再調査をしたり、どの行為が利用規約違反か、具体的な証拠を示して説明をするなどの対応をしない場合が多くあります。また、利用規約に「一切返金しない」と書いてある運営業者が多く、問題はあるものの、現状では未利用分の返金やアイテムやキャラクターの返金を求めることは困難です。その他、メールでしか連絡が取れないので話が進まない、苦情を申し出ても対応されないという苦情もあります。
 最近は業界団体において、ガイドラインや自主規制を作成しゲームアプリ事業者に健全な運用を求めています。利用者は、利用規約を確認したり、実際の利用者の声を聞くなどして、慎重に利用することがトラブル防止につながります。

用語

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.