ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > 消費生活相談FAQ > 高3の息子の自動車教習所の申込みを母は許可したが父が反対。取消しできるか。

更新日:2018年5月11日

高3の息子の自動車教習所の申込みを母は許可したが父が反対。取消しできるか。

相談

高校3年生の息子が合宿形式の自動車教習所の申込みをし、申込金5000円を払い教材も受け取った。母である自分は息子が卒業までに免許を取りたいと言うので、残金32万円を振込んであげた。ところが今日、夫が知って猛反対。今からでも取消しできるか。(40代、女性)

未成年者の契約は、父母の一方が単独で同意した場合は、原則的に取消しができます。父親から未成年者契約の取消しを通知しましょう。

アドバイス

 未成年者とは、20歳未満で結婚していない者のことをいいます。未成年者が親権者等法定代理人の同意を得ないで行った契約は、原則として取消すことができます。これを未成年者契約の取消しといいます。
 また、父母の婚姻中は、父母が共同で同意しないと有効な同意にはならないので、父母の一方が単独で同意した場合は取消しができます。
 この事例では、母親が同意し、代金を全額支払いましたが、父親の同意が得られないので取消しができます。事業者あてに「未成年者契約の取消し通知」を出してください。受け取った教材はそのままの状態で返却してください。支払った金額は返金されます。
 困ったときは、消費生活センターに相談してください。

用語

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.