ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > 消費生活相談FAQ > 19歳のときに包茎手術を受け、成人後もクレジット契約の支払いを続けているがやめたい。

更新日:2018年5月11日

19歳のときに包茎手術を受け、成人後もクレジット契約の支払いを続けているがやめたい。

相談

19歳のときに、雑誌広告を見て病院に包茎手術の相談に行き、「未成年でもみんな親に内緒で契約している」と言われ契約した。当日、手術台に乗ってから最初の説明の2倍の金額がかかると言われたが、仕方ないと思い承諾した。それ以来クレジット契約の月払い金を支払い続けてきたが、今は不要な手術だったと思う。これ以上払いたくない(20代、男性)

親の同意がない未成年者契約であっても、成人後にその契約を認める行為をすると取消しできなくなる場合があります。

アドバイス

 未成年者とは、20歳未満で結婚していない者のことをいいます。未成年者が親権者等法定代理人の同意を得ないで行った契約は、取消すことができます。これを未成年者契約の取消しといいます。
 ただし、未成年のときの契約でも、未成年者が成人してからも代金を支払うと、追認といって契約を取消すことができなくなる場合があります。
 この事例では、未成年のときに親の同意を得ないで契約していますが、成人後にクレジットの支払いをしているので、追認とみなされる可能性があります。未成年者契約の取消しは難しいかもしれません。しかし、契約時のクリニックの勧誘には、かなり問題があると思われます。消費生活センターに相談してください。

用語

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.