ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 学びたい > タイアップ企画等 > 東京都消費者教育モデル事業 > 三鷹市

更新日:2015年5月27日

東京都消費者教育モデル事業

三鷹市

事業名 小学校出前授業(消費者教育・情報モラル教育)
実施時期 平成26年5月~平成27年2月
主な対象者 小学生

 市内公立小学校全15校への消費者相談員による出前授業を実施しました。

 三鷹市では平成26年度、都内初となる市内公立小学校全15校の小学5年生を対象とした「消費者教育・情報モラル教育」に関する出前授業を実施しました。

 日々、「架空請求」など様々な相談を受けている三鷹市消費者相談室の相談員が、小学校へ講師として出向き、消費者教育副読本の事例をベースにした三鷹市オリジナルのパワーポイント資料を使って授業を行いました。

 内容についても「架空請求」「オンラインゲームでの課金」「SNS等での出会い」等について、クイズや質問タイムなどを織り交ぜた児童参加型にし、職員も「キャラクターの声」で参加するなどの工夫を凝らしたことにより、小学5年生でも、楽しみながら普段何気なく使っている携帯電話やパソコン、ゲーム機などからトラブルに巻き込まれる可能性があるということを学んでもらえました。

 また、全15校のうち、多くの学校で「学校公開日」などの特別授業として実施したことで、小学5年生の児童だけでなく、その保護者の方々へも、身近なインターネットトラブル事例や、自宅などで携帯電話やインターネットを使うときのルールを決めておくといったことの重要性について周知できました。

 学校側(授業を見ていただいた先生)からいただいた感想も、

  • パワーポイントの資料が分かりやすく、小学5年生でも理解しやすい。
  • 内容的に保護者への啓発も重要だと認識した。
  • 実際の相談を元にした具体的な事例を挙げているので、大変リアリティがあった。
  • 実際に相談を受けている消費者相談員が講師をしているのが良い。
  • 警察や通信会社の出前授業とは違う角度で情報モラル教育に触れているのが良い。
  • インターネットトラブルは児童にも身近な問題だが、教えるのが難しい。その部分を分かりやすく授業をしてもらい、大変勉強になった。

などと、大変好評で、平成27年度も引き続き実施していきます。

 出前授業

三鷹市消費者活動センターのホームページはこちらからご覧ください。
→ 三鷹市消費者活動センター外部サイトへリンク

お問い合わせ先

東京都消費生活総合センター活動推進課協働連携事業担当

電話番号:03-6228-1331

ファックス番号:03-3268-1505

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.