ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

トップページ > 調査・生協・公衆浴場等 > 生活関連商品等の価格動向

更新日:2022年11月22日

生活関連商品等の価格動向

生活関連商品の価格動向のページでは、東京都総務局統計部が実施している小売物価統計調査結果(東京都区部)を活用し、その中から生活に密着した食料品・日用雑貨品等(45品目)を選んで、その価格動向を提供しています。
45品目以外等詳細をご覧になりたい方は東京都総務局統計部の「東京の物価-東京都区部消費者物価指数-」外部サイトへリンク(外部サイトへリンク)ホームページをご覧下さい。
(注)価格は消費税込みの価格です。 

生活関連商品のイラスト

 

価格動向の概要《令和4年10月(中旬速報)》

 

(10月の小売物価統計調査より)※令和3年(2021年)8月分から2020年基準に改訂しました

令和4年10月の東京都区部消費者物価総合指数(中旬速報)は令和2年(2020年)を100として103.4で、前月と比べて+0.5%(季節調整値)となり、前年同月と比べて+3.5%となりました。生鮮食品を除く総合指数は103.2となり、前月と比べて+0.5%となり、前年同月と比べて+3.4%となりました。

総合指数

103.4

前月比

(季節調整値)

0.5%

前年同月比

3.5%

生鮮食品を除く
総合指数
103.2
前月比

0.5%

前年同月比

3.4%

10大費目に分類したものを前月と比較すると、光熱・水道2%、食料1.2%、被服及び履物0.6%、保健医療0.6%、住居0.2%、交通・通信と諸雑費が0.2%、それぞれ上昇し、教養娯楽0.6%、家具・家事用品0.2%、がそれぞれ下落しました。そして、教育が同水準となりました。前年同月(令和3年10月)と比べると、光熱・水道20.8%、食料6.1%、家具・家事用品5.8%、被服及び履物2.4%、交通・通信1.7%、諸雑費1.3%、住居と教養娯楽が0.6%、保健医療と教育が0.1%、それぞれ上昇し、すべての費目で上昇しました。

費目 食料 住居 光熱・水道 家具・家事用品 被服及び履物
指数  106.6 101.3 124.2 108.9 103.4
前月比(%)   1.2 0.2 2.0 -0.2 0.6
前年同月比(%) 6.1 0.6 20.8 5.8 2.4
費目 保健医療 交通・通信 教育 教養娯楽 諸雑費
指数 99.5 91.3 101.1 103.3 103.0
前月比(%) 0.6 0.2 0.0 -0.6 0.2
前年同月比(%) 0.1 1.7 0.1 0.6 1.3

 

生鮮食品(水産物・青果物)

 

生鮮食品のイラスト

 生活に密着した15品目について見てみると、前月に比べ4品目が値上がりし、9品目が値下がりしました。個別でみると「キャベツ」が21.8 %値上がりし、「ほうれんそう」が21%値下がりしました。前年同月(令和3年10月)の価格と比べると、「い か」が39.3 %値上がりし、「じゃがいも」が11.8%値下がりしました。

加工食品・畜産品

加工食品・畜産品のイラスト

 生活に密着した15品目について見てみると、前月に比べ8品目が値上がりし、4品目が値下がりしました。個別でみると「豆 腐」が5.2 %値上がりし、「牛肉(国産品)」が0.9%値下がりしました。前年同月(令和3年10月)の価格と比べると、「チーズ」が26.9 %値上がりし、「牛肉(国産品)」が5.2%値下がりしました。

日用雑貨品・サービス・石油製品

日用雑貨品・サービス・石油製品のイラスト

 生活に密着した15品目について見てみると、前月に比べ11品目が値上がりし、3品目が値下がりしました。個別でみると「ラップ」が12.0 %値上がりし、「洗濯用洗剤」が1.8%値下がりしました。前年同月(令和3年10月)の価格と比べると、「電球・ランプ」が29.2 %値上がりし、「シャンプー」が1.3%値下がりしました。

お問い合わせ先

東京都生活文化スポーツ局消費生活部企画調整課消費者情報担当

電話番号:03-5388-3076