ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

トップページ > 調査・生協・公衆浴場等 > 生活関連商品等の価格動向

更新日:2020年5月25日

生活関連商品等の価格動向

 

【重要】新型コロナウイルス感染症緊急事態措置実施に伴い、当面の間、生活関連商品等の価格動向に関する情報の更新を休止とさせていただきます。大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

生活関連商品の価格動向のページでは、東京都総務局統計部が実施している小売物価統計調査結果(東京都区部)を活用し、その中から生活に密着した食料品・日用雑貨品等(45品目)を選んで、その価格動向を提供しています。
45品目以外等詳細をご覧になりたい方は東京都総務局統計部の「東京の物価-東京都区部消費者物価指数-」外部サイトへリンク(外部サイトへリンク)ホームページをご覧下さい。
(注)▲は値下がりを表しています。価格は消費税込みの価格です。 

生活関連商品のイラスト


価格動向の概要《令和2年2月(中旬速報)》

(2月の小売物価統計調査より)※平成28年8月分から2015年基準に改訂しました

令和2年2月の東京都区部消費者物価総合指数(中旬速報)は平成27年(2015年)を100として101.8で、前月と比べて0.1%下落となり、前年同月と比べて0.4%上昇となりました。生鮮食品を除く総合指数は101.7となり、前月と比べて同率となり、前年同月と比べ0.5%上昇となりました。

総合指数

101.8 

前月比

▲0.1%

前年同月比

0.4%

生鮮食品を除く
総合指数
101.7
前月比

0.0%

前年同月比

0.5%


10大費目に分類したものを前月と比較すると家具・家事用品が1.3%、諸雑費が0.3%、被服及び履物が0.2%、教育が0.1%それぞれ上昇し、食料が0.5%、光熱・水道、交通・通信が0.3%、保健医療、教養娯楽が0.1%、それぞれ下落しました。
前年同月(平成31年2月)と比べると、被服及び履物が2.4%、家具・家事用品が2.0%、食料、保健医療が1.3%、交通・通信が1.0%、教養娯楽が0.9%、住居が0.5%それぞれ上昇し、教育が6.0%、光熱・水道が2.8 %、諸雑費が0.5%下落しました。

費目 食料 住居 光熱・水道 家具・家事用品 被服及び履物
指数  104.9 100.2 96.7 103.1 102.5
前月比(%)               ▲0.5  0.0 ▲0.3  1.3  0.2
前年同月比(%) 1.3  0.5 ▲2.8            2.0            2.4
費目 保健医療 交通・通信 教育 教養娯楽 諸雑費
指数 105.1 99.1 95.7 105.2 101.0
前月比(%)             ▲0.1             ▲0.3 0.1 ▲0.1 0.3
前年同月比(%)           1.3 1.0 ▲6.0 0.9 ▲0.5

生鮮食品(水産物・青果物)

 生鮮食品のイラスト
 生活に密着した15品目について見てみると、前月に比べ7品目が値上がりし、7品目が値下がりしました。
個別でみると「さけ」が23.6%値上がりし、「トマト」が13.5%値下がりしました。
前年同月(平成31年1月)の価格と比べると、「さけ」が23.6%値上がりし、「キャベツ」が13.6%値下がりしています。   

加工食品・畜産品

加工食品・畜産品のイラスト

生活に密着した15品目について見てみると、前月に比べ10品目が値上がりし、4品目が値下がりしました。
個別でみると「チーズ」が2.7%値上がりし、「鶏肉」が2.3%値下がりしました。
前年同月(平成31年2月)の価格と比べると、「マヨネーズ」が3.4%値上がりし、「鶏肉」が3.7%値下がりしています。

日用雑貨品・サービス・石油製品

日用雑貨品・サービス・石油製品のイラスト

生活に密着した15品目について見てみると、前月に比べ6品目が値上がりし、7品目が値下がりしました。
個別でみる「シャンプー」が2.3%値上がりし、「ガソリン」が2.0%値下がりしました。
前年同月(平成31年2月)の価格と比べると、「ティシュ」が46.0%値上がりし、「男子用シャツ」が6.3%値下がりしました。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部企画調整課消費者情報担当

電話番号:03-5388-3076

ファックス番号:03-5388-1332