ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 学びたい > 消費者教育教材等検索サイト > ちょっと待った!その契約  賃貸住宅の契約トラブルを防ぐために

更新日:2016年4月20日

ちょっと待った!その契約  賃貸住宅の契約トラブルを防ぐために

基礎知識  住生活 

媒体:DVD教材

作成年度:平成24年度

対象者:高校生期|成人期(若者)|成人期(成人一般)

監修者等:
鹿野・岡田法律事務所 弁護士 岡田修一

所要時間:22分

教材の目的

賃貸契約の相談内容のうち、特に、退去時のハウスクリーニング、クロス張り替え、フローリングの傷、畳表換え、ふすま張り替え等といった原状回復費用および敷金に関する相談が、例年多い傾向にあります。またインターネットの普及やシェアハウス・ドミトリー、家賃保証会社の出現などにより、住居の探し方や契約形態などが多様化していることを踏まえ、トラブル事例と対処方法および未然防止ためのポイントをまとめています。

 

概要

チャプター付き

チャプター1 (7分59秒)
部屋を決めるときは?

チャプター2 (7分20秒)
退去時に気をつけることは?

チャプター3 (3分49秒)
シェアハウスとは?

チャプター4 (3分7秒)
トラブルを避けるための7つのポイント

特長

賃貸契約のトラブルのなかでも多く発生している原状回復費用とは何かを学習します。そのうえで、原状回復のトラブルを避けるためには、借主は、貸主や管理業者に必ず立ち会ってもらい、契約時と退去時に物件の状況を確認することが大切であることを学習できます。

多様化する契約形態や契約内容を確認したり、賃貸中の心がけなどトラブルから身を守る7つのポイントを説明します。

困ったときの相談先として、消費生活センターのほか、賃貸住宅に関する専門相談窓口を紹介します。

ストーリー

社員寮を出ようとインターネットで部屋を探したハジメ。不動産屋を訪れ契約書にサインをしようとすると、こわもての不動産屋の主人から「ちょっと待った!!」の怒鳴り声が…。ハジメは、一見怖そうなこの主人と不動産屋の看板娘から契約トラブルを回避するテクニックを学びます。

DVD等の視聴・貸出・複製

その他

消費者教育教材資料表彰 優秀賞受賞 (公益財団法人 消費者教育支援センター主催)

取り扱っている法律等

賃貸住宅トラブル防止ガイドライン(東京都都市整備局)

アンケート

教材等についてのアンケートにご協力ください

お問い合わせ先

東京都消費生活総合センター活動推進課学習推進担当
電話番号:03-3235-1157

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.