ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 学びたい > 消費者教育教材等検索サイト > 緊急リポート 美容医療 キレイのリスク

更新日:2016年4月20日

緊急リポート 美容医療 キレイのリスク

基礎知識  危害・危険情報 

媒体:DVD教材

作成年度:平成22年度

対象者:高校生期|成人期(若者)|成人期(成人一般)

監修者等:
[監修] シンフォニア法律事務所 弁護士 中野和子
[協力] 東京大学医学部形成外科 吉村浩太郎

所要時間:22分

教材の目的

美容医療サービスについての相談は、近年増加傾向にあり、「危害」事例の増加が顕著となっています。「美容医療」は医療行為であることを認識し、どのような施術でもリスクを伴う可能性があることを理解することが大切です。また「キレイ」は主観的なもので、施術の結果や効果に必ずしも満足できるとは限りません。身体への危害となり、回復不能な場合もあります。費用についても高額であるなど、さまざまなトラブル事例を紹介し、サービスの選び方や見分け方を解説するとともに、美容医療を受ける前に知っておきたいことや、メリットだけではないキレイのリスクについても学習し、注意喚起します。

 

概要

チャプター付き

シークエンス1 オープニング (3分39秒)

シークエンス2 レーザー脱毛 (4分33秒)
施術不良によるやけどと中途解約のトラブル

シークエンス3 二重まぶた手術 (4分39秒)
自分と医師とのイメージ違い

シークエンス4 男性の身体的な悩み (5分47秒)
不安をあおり高額な施術へ誘導

シークエンス5 美容医療を受ける前に (4分)

特長

美容への関心とともに、脱毛や二重まぶたの施術は、インターネットや雑誌などで頻繁に広告されているだけに気軽に考えがちですが、これは美容医療であり医療行為であることを認識することが大切です。美容医療のトラブル事例を紹介し、どの段階でトラブルになったのか、どこで立ち止まって考えればよかったのかを「振り返った」観点から描くことで、トラブルの未然防止に役立てます。

事例紹介を通じて、サービスの選び方や見分け方を解説し、受診の際の注意事項をまとめています。また、トラブルにあった時、相談内容の性質上、人に相談できず被害が潜在化することも多い傾向にありますが、消費生活センターへ相談することが大切であることを紹介しています。

ストーリー

皆さんは「キレイになりたい」と思ったことはありませんか?
とあるTV局オフィス...「今回の緊急リポートは美容医療でいこう」 今まで、美容医療のメリットしか目にしたことがなかった新人ディレクター風花は、実際に美容医療を受けた人の取材に向かっていった…。

DVD等の視聴・貸出・複製

取り扱っている法律等

民法

アンケート

教材等についてのアンケートにご協力ください

お問い合わせ先

東京都消費生活総合センター活動推進課学習推進担当
電話番号:03-3235-1157

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.