ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 学びたい > 消費者教育教材等検索サイト > 老後の金は渡さん! お年寄りを狙う悪質商法にご用心

更新日:2016年4月20日

老後の金は渡さん! お年寄りを狙う悪質商法にご用心

基礎知識  勧誘方法 

媒体:DVD教材

作成年度:平成15年度

対象者:成人期(高齢者)

監修者等:
弁護士 村千鶴子

所要時間:25分

教材の目的

悪質商法の手口をテレビや新聞で見聞きしても、「まさか自分が・・」と過信しがちですが、相手は悪質業者、手口もトークも巧妙です。この教材は、高齢者に被害の多い点検商法・SF(催眠)商法・出資金投資商法の手口を紹介します。悪質業者が高齢者の心の隙をどのようにねらい、つけ込んでいくのかを客観的に見ることが被害防止に役立ちます。

 

概要

全編通し25分(チャプター無し)

<トラブル事例>
点検商法
催眠商法(SF商法)
出資金投資商法

<対応策>
クーリング・オフ
消費者契約法

ストーリー

鏡の前で無精ヒゲを剃る人相の悪い男が、なんと人のよさそうな中年男性に早変わり!彼こそがお年寄り専門の悪質業者。
この男が訪れたのは、向井さん夫婦の家。男は点検商法の手口を使い、「床下が腐食!家が崩壊する!」と夫婦を脅し、夫婦は言われるままに次々と契約をしていく…。次なる被害者は、一人暮らしの鈴木さん。誠実な優しいサラリーマン風を装った男は、SF商法の会場に誘う。会場では言葉巧みに参加者にプレゼント、そして最後には高額商品を売りつける。3人目は、日中一人で家にいる中村さん。ある日突然、郷里の高校の後輩と名乗る男から投資話をもちかけられる。人のよさそうな販売員を謎の拡大鏡でのぞくと、悪質業者の本音がポロリと見えてくる…。事例に沿って、クーリング・オフや消費者契約法などの解決策とともに、「油断は禁物。悪質商法にきっぱりノーという勇気をもって!」と消費者に知恵を伝授する。

DVD等の視聴・貸出・複製

取り扱っている法律等

特定商取引法/消費者契約法

アンケート

教材等についてのアンケートにご協力ください

お問い合わせ先

東京都消費生活総合センター活動推進課学習推進担当
電話番号:03-3235-1157

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.