ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 学びたい > 消費者教育教材等検索サイト > 気にかけて 声かけて トラブル撃退! 悪質商法捕物帳

更新日:2016年4月20日

気にかけて 声かけて トラブル撃退! 悪質商法捕物帳

勧誘方法  インターネット 

媒体:DVD教材

作成年度:平成21年度

対象者:成人期(成人一般)|成人期(高齢者)

監修者等:
弁護士 末吉宜子

所要時間:24分

教材の目的

高齢者被害は、契約者自身が被害にあったことに気づいていない場合も多く、また被害にあってもそれを隠したり、泣き寝入りしたりするなど、被害が潜在化しやすい特徴があります。そのため高齢者の消費者被害の防止には、家族や地域、ホームヘルパーなど周囲の人々の見守りが有効です。高齢者に多い被害事例を紹介し、対処法・注意点を解説するとともに、高齢者の周りの人々に向けてその気づきのポイントを解説します。悪質商法への注意を喚起し、被害の未然防止につなげます。

 

概要

チャプター付き

場面1 (3分31秒)
弥助、悪質商法に挑む

場面2 (6分6秒)
利殖商法の巻(未公開株購入の二次被害)

場面3 (4分57秒)
催眠商法の巻(健康講座から高額被害)

場面4 (4分32秒)
次々商法の巻(独居高齢者への訪問販売)

場面5 (2分50秒)
携帯電話の巻(新しい機器に対する不安を利用)

場面6 (2分27秒)
江戸の未来は安泰だ

特長

高齢者被害の未然防止のために、高齢者の方と周囲の方に向けて、高齢者被害の特徴や悪質業者の高齢者の心理につけ込んだ巧みな勧誘方法を紹介し、その対応策を説明します。特に周囲の方に向けて、気づきのポイントを説明しています。

東京都消費生活総合センターの役割を紹介しています。高齢者被害相談の受付のほか、家族・ケアマネージャー・民生委員などの方からの通報専用「高齢消費者見守りホットライン」の紹介をしています。

ストーリー

21世紀東京の高齢者をねらう悪質商法の噂を聞きつけ、江戸の老岡っ引き“弥助”とその孫娘“おみよ”が捜査に乗り出しひと働き!
再現ドラマで被害事例や問題解決のポイントをわかりやすく示すとともに、トラブル回避で大切なのは「家族や周囲の人々の見守り」であることを、時代劇スタイルを交えた“お江戸の人情”の視点から訴えます。

DVD等の視聴・貸出・複製

取り扱っている法律等

特定商取引法

アンケート

教材等についてのアンケートにご協力ください

お問い合わせ先

東京都消費生活総合センター活動推進課学習推進担当
電話番号:03-3235-1157

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.