ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 学びたい > 消費者教育教材等検索サイト > それでもお金、借りますか?  多重債務の落とし穴

更新日:2016年4月20日

それでもお金、借りますか?  多重債務の落とし穴

基礎知識  金融教育 

媒体:ビデオ教材(VHS)

作成年度:平成19年度

対象者:高校生期|成人期(若者)|成人期(成人一般)

監修者等:
弁護士 釜井英法

所要時間:27分

教材の目的

消費者金融の利用者のうち多重債務に陥っているケースが多いため、社会経験が少ない若者が、借金に対する意識が薄いことから多重債務に陥っていく事例を3つ紹介します。多重債務に陥るきっかけとして、消費者金融を無計画に利用した事例、クレジットカードのリボルビング払いを利用した事例、友人の連帯保証人を引き受けた事例を紹介し、無計画にお金を借りることの危険性と多重債務の恐ろしさを知ることで、トラブルの未然防止とお金について考える内容です。

 

概要

全編通し27分(チャプター無し)

事例1 「無計画な利用」 (8分45秒)
多重債務、銀行と消費者金融の比較、借金と利息の仕組み、ヤミ金融

事例2 「多重債務の恐ろしさ」 (6分5秒)
クレジットカードの仕組み(一括払い、分割払い、リボルビング払い)
多重債務と4つの解決法
(1)任意整理 (2)特定調停 (3)個人再生 (4)自己破産

事例3 「社会的・個人的信頼の失墜」 (6分13秒)
連帯保証人

ストーリー

新しいバイクを買うために無人契約機でお金を借りようとやってきた雅人。借り入れの申し込みをしようとすると、無人契約機のレンズが光って、雅人に向かって話し始めます。雅人の前に「無計画に利用」を気軽にしてしまった幸男やクレジットカードのリボルビング払いで安易な買い物をし続け「多重債務の恐ろしさ」を体験した和歌、友人の連帯保証人を引き受けたために「社会的・個人的信頼の失墜」をした吉行…多重債務に陥った3人の若者の悲惨な姿が映し出されます。

DVD等の視聴・貸出・複製

アンケート

教材等についてのアンケートにご協力ください

お問い合わせ先

東京都消費生活総合センター活動推進課学習推進担当
電話番号:03-3235-1157

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.