ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

トップページ > くらしの安全 > 危害・危険情報 > お餅による窒息に注意!

更新日:2020年12月11日

お餅による窒息に注意!

令和2年12月11日

お餅による窒息事故は、食べる機会が増える12月、特に1月に多く発生しています。東京消防庁管内では、平成27年から令和元年までの5年間に、お餅など(団子等も含みます)を喉に詰まらせて463人が救急搬送されています。そのうち、約9割が65歳以上の高齢者で、亡くなったケースもあります。

お餅は粘りがあり、くっつきやすく噛み切りにくい食べ物です。また高齢者や乳幼児は噛んで飲み込む力が弱いため、注意が必要です。年末年始を迎えるにあたり、事故防止のポイントや応急手当の方法を確認し、食べる際には気をつけましょう。

餅が詰まった様子

事故・ヒヤリハット事例

  • 雑煮を食べたところ、餅を喉に詰まらせてしまい、苦しそうにした後、倒れて意識を失った。(80歳代、救急搬送事例(重篤))
  • 祖母がお雑煮の餅でのどを詰まらせたが、落ち着かせてお茶をゆっくり飲むことで解消した。(70歳代、ヒヤリ・ハット経験)
  • 昼食時、きなこもちを一口で食べた父親がのどを詰まらせ、呼吸ができずに赤い顔で苦しんだ。妻が背中を強くたたいて難を逃れた。(70歳代、ヒヤリ・ハット経験)

※上記事例1番目は、東京消防庁 広報テーマ2020年12月号 を参照
※上記事例2番目及び3番目は、東京くらしWEB「年末年始の生活に潜むヒヤリ・ハット調査」(平成24年12月4日)を参照

事故を防ぐポイント

  • お餅は小さく切るなど、食べやすい大きさにしましょう。
  • 食べる前に、お茶や汁物を飲んで喉を潤しておきましょう。
  • 少量ずつ口に入れ、よく噛んでから飲み込みましょう。
  • 食事中は歩き回らない、横にならないようにしましょう。
  • 一人で食事をする場合は、特に注意しましょう。高齢者や乳幼児と一緒に食事をする際は、適時食事の様子を見るなど注意を払いましょう。
  • いざという時に備え、応急手当の方法をよく理解しておきましょう。

 物を喉に詰まらせた人への応急手当の方法(東京消防庁 広報テーマ2020年4月号 より抜粋)

チョークサインを出しているとき、声を出せないとき、顔色が急に真っ青になったときなどは、食べ物などにより気道が塞がれていることが疑われます。
※チョークサイン…窒息を起こし、呼吸ができなくなったことを他の人に知らせる世界共通のサイン

チョークサイン

 

 

 

そのようなときは大きな声で助けを呼び、119番通報とAEDの搬送を依頼し、直ちに気道異物除去を始めます。

呼びかけて反応があれば・・・

1 まず咳をすることが可能であれば、できる限り咳をさせます。
2 咳もできずに窒息しているときは、背部叩打法(はいぶこうだほう)を行いましょう。

背部叩打法の実施手順

1胸もしくは下あごを支えて突き出し、あごを反らせます。
傷病者が倒れている場合は、傷病者を手前に引き起こして横向きに寝かせ、自分の足で  傷病者の胸を支えます。片手で傷病者顔を支えます。
2 もう片方の手のひらの付け根で、傷病者の肩甲骨と肩甲骨の間を強く4~5回、迅速に叩きます。
3 回数にとらわれず、異物が取れるか、反応がなくなるまで続けます。

 背部叩打法

 

 

 

 

  

呼びかけに反応がない場合又は、反応がなくなった場合は・・・

ただちに心肺蘇生※を開始してください。
※心肺蘇生については、東京消防庁の以下のURLからご覧いただけます。
《心肺蘇生等の応急手当》(広報テーマ2020年4月号)東京消防庁外部サイトへリンク

 ◎参考
《年末年始の生活に潜むヒヤリ・ハット調査》東京くらしWEB(平成24年12月4日
《年末年始の救急事故をなくそう 餅による窒息事故に注意》(広報テーマ2020年12月号)東京消防庁外部サイトへリンク
《みんなで防ごう高齢者の事故》消費者庁(令和元年12月18日)外部サイトへリンク

印刷用のPDFはこちら(PDF:745KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

電話番号:03-5388-3055