ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > くらしの安全 > 危害・危険情報 > 気をつけて!ヘアアイロンでやけど事故

更新日:2016年2月9日

気をつけて!ヘアアイロンでやけど事故

アイロンイラスト1 髪を巻いたり、ストレートにしたり、色々なヘアアレンジが簡単にできるヘアアイロン。老若男女問わずに利用される人気アイテムになっています。
一方で、都内の消費生活センターに、10代~70代の男女からヘアアイロンを使って、「皮膚をやけどした」、「髪の毛が焦げた」といった情報が寄せられています。   

ヘアアイロンの思いがけない部分も高温になり、危険です!

 ヘアアイロンを200℃以上の温度に設定し、使用時の機器各部の表面温度、使用後の余熱の温度変化について調べたところ、プレート本体の裏側も100℃以上の高温になり、誤って触れた場合にやけどの危険があることがわかりました。
また、髪の温度は150℃まで上昇し、同一箇所で使い続けた場合に焦げてしまう可能性がありました。
さらに、電源を切って5分後のプレート本体裏側の温度も、約1秒以上触れているとやけどをする危険があるとされている70℃以上になり、取扱いに注意が必要です。 zu1heaairon

 注意しましょう!

  • ヘアアイロンは、プレート本体だけでなく、裏側や周辺部等が高温になることがあり、大変危険です!アイロンイラスト2 
  • 取扱説明書の注意事項を良く読んで、正しく扱いましょう!
  • 電源を切ってもすぐに温度が下がらないため、十分に下がるまで触わらないように気を付けましょう!

印刷用のPDFはこちら(PDF:199KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

電話番号:03-5388-3055

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.