ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

トップページ > 学びたい > タイアップ企画等 > 子供の安全に関するイベント > 令和元年度 セーフティグッズフェア 開催報告

更新日:2020年3月5日

令和元年度 セーフティグッズフェア 開催報告

東京都は、日常生活における子供の商品事故が絶えないことから、安全に配慮した商品のPRや普及を目的に、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会との共催により「セーフティグッズフェア」を開催しました。
フェアでは、子供の事故防止の視点で開発されたキッズデザイン賞受賞作品を展示、販売したほか、親子向けのワークショップ、企業向けのセミナーなど様々なプログラムを実施し、商品を実際に見たり、触っていただくことで、安全・安心を体感していただきました。

開催概要

日時・会場

親子向け(キッズデザイン賞受賞作品 展示・販売/ワークショップ/体験コーナー)

  • 北千住会場
    令和2年1月25日(土曜日)10時から17時まで
    シアター1010 ギャラリーB(東京都足立区千住3-92 千住ミルディスⅠ番館11F 北千住駅直結)
  • 武蔵村山会場
    令和2年2月1日(土曜日)10時から17時まで
    イオンモールむさし村山1F センターコート・ノースコート(東京都武蔵村山市榎1-1-3)

企業向け(セミナー/キッズデザイン賞受賞作品 展示)

令和2年1月24日(金曜日)14時から17時まで
シアター1010 視聴覚室(東京都足立区千住3-92 千住ミルディスⅠ番館11F 北千住駅直結)

主催

東京都、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会

来場者数

延べ6,126名

開催結果

親子向け

親子向け会場では、安全・安心について楽しく学べる様々なコンテンツを用意し、多くの親子連れで賑わいました。

キッズデザイン賞受賞作品 展示・販売コーナー

キッズデザイン賞受賞作品など、子供の事故防止の視点で開発された安全・安心なデザインの商品の展示や、展示商品の一部の販売を行いました。

tenji

キッズデザイン賞受賞作品 体験コーナー

ペンや遊具などで遊ぶ体験コーナーを設けました。

taiken1

 taiken2

 

ワークショップ

「布用シールirodoを使ってオリジナルアイテムを作ろう!」「毛糸のミシンであそぼう!」「スマイリーエッジでふしぎ体験」「マーブルねんどひもでおえかきしよう!」「iSandBOX-ARで進化した遊べる砂場」の5種類のワークショップを実施しました。

workshop1

 

workshop4   

 workshop2

 

 workshop5

 worksop3

 

 

 企業向け商品開発セミナー「子供視点で安全性の高い製品開発を進めるために/子供の傷害予防への取り組み」

主に都内中小企業の商品開発者を対象としたセミナーを実施しました。

kigyoumuke

登壇者

子供視点で安全性の高い製品開発を進めるために

(第13 回キッズデザイン賞受賞作品より事例紹介)

  • 東京都知事賞「壁用プッシュコンセントUCWシリーズ」
    講師:株式会社TERADA 地域事業部 住環設支店 課長 古市 武士 氏
  • 奨励賞「誤飲を防ぐこまもり袋」 
    講師:株式会社タキガワ・コーポレーション・ジャパン 営業部2部1課主任 下田 雄一朗 氏
  • 特別賞「NORMAN® スマートドレープシェード」
    講師:ノーマンジャパン株式会社 取締役 マネージングディレクター 板垣 祥司 氏
子供の傷害予防への取り組み
  • 講師:小児科医/特定非営利活動法人Safe Kids Japan 理事長 山中 龍宏 氏
  • 講師:特定非営利活動法人キッズデザイン協議会 理事 高橋 義則 氏
第14 回キッズデザイン賞について

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

電話番号:03-5388-3055