ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > くらしの安全 > 危害・危険情報 > フードジャーを安全に使おう!

更新日:2017年8月22日

フードジャーを安全に使おう!

フードジャーの安全性に関する商品テストを行ったところ、内容物を入れての放置・加温により蓋が飛んだ検体がありました。蓋が飛ぶ瞬間の動画も併せてご覧ください!
※ 50℃程度に冷ましたコーンスープ150ml、ドライイースト0.1g
フードジャーとシューマ

近年、手作り弁当の人気などでフードポットやスープジャー等と呼ばれる食品用保温容器(以下「フードジャー」という。)の市場は急激に拡大しています。その一方で、長時間閉めっぱなしにしていたフードジャーの蓋が飛んだなどといった危害危険事例も寄せられています。シューマ

 

こんな事故が起きています!

  • フードジャーの中のパスタを2日間放置後開閉不可能に。お湯で周りを温めたところ、爆発した。
  • スープボトルで、閉めてあった蓋が勝手に飛んで顔に当たった。

 事故を防ぐポイント

飲食物をフードジャーに入れたまま長時間放置しないようにしましょう!

飲食物をフードジャーに入れたまま長時間放置すると、腐敗や発酵などによりガスが発生し、蓋が突然飛ぶことがあります。 

フードジャーが開けられなくなった場合に、温めないようにしましょう!

蓋が開かなくなった場合に消費者の自己判断でフードジャーを温めると、内圧が上昇するとともに、蓋の剛性が弱くなります。蓋が飛んだり、飲食物が噴き出るなど、けがやものを汚す原因となることがあるため危険です。

 フードジャーが開けられなくなった場合は、取扱説明書に従って対応しましょう!

取扱説明書に従って対応しても開かない場合や取扱説明書に記載のない場合は、販売元に問い合わせましょう!

参考

《フードジャーを安全に使おう!誤った使い方で蓋が飛ぶことも…》東京くらしWEB

印刷用のPDFはこちら(PDF:192KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

電話番号:03-5388-3055

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.