ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > くらしの安全 > 危害・危険情報 > 餅による窒息に注意しましょう!

更新日:2017年12月28日

餅による窒息に注意しましょう!

平成29年12月28日

餅による窒息事故は、毎年12月から1月にかけて多くなります。東京消防庁管内では、平成24年から平成28年までの5年間、毎年100人前後が餅(団子等も含みます)をのどに詰まらせて救急搬送されており、死亡事故も起きています。その9割近くが65歳以上の高齢者です。
事故防止のポイントを確認するとともに、事故が起きた時のために応急手当の方法も理解しておきましょう。一人で食事する場合は特に注意しましょう。
 

こんな事故が起きています

  • 四等分にカットした餅を食べた際に、のどに詰まらせて意識消失した。家族が餅を取ろうと試みたものの取ることができなかった。(89歳・女性・重篤)
  • 雑煮を食べていたところ、餅をのどに詰まらせ、顔色が悪くなり意識がなくなった。(74歳・男性・重症)
         
    (東京消防庁 広報テーマ2017年12月号 より抜粋)

koureishamoti

餅による窒息事故を防ぐポイント

  • 餅は小さく切るなど、食べやすい大きさにする。
  • 食べる前には会話をするなど口の準備運動をする。 
  • 食事の際は、まず水やお茶を飲んで喉を湿らせる。
  • 口に入っている分を飲み込んでから、次の食べ物を口の中に入れる。
  • 食事中は、歩きまわらない、横にならない。
  • 高齢者や乳幼児と一緒に食事をする際は、周囲の人が注意を払う。

 物がのどに詰まったときの応急手当の方法 

 チョークサインchorksign

窒息を起こし、呼吸ができなくなったことを他の人に知らせる世界共通のサイン。
チョークサインを出しているとき、声を出せないとき、顔色が急に真っ青になったときなどは、食べ物などにより気道が塞がれていることが疑われます。そのようなときは大きな声で助けを呼び、119番通報とAEDの搬送を依頼し、直ちに気道異物除去を始めます。 

呼びかけに反応があれば・・・

  • まず咳をすることが可能であれば、できる限り咳をさせます。
  • 咳もできずに窒息しているときは、年齢・性別に関係なく実施可能な背部叩打法(はいぶこうだほう)を行いましょう。

  背部叩打法の実施手順

  1. 食べ物を詰まらせた人(以下「傷病者」といいます。)が立っているか座っている場合は、やや後方から片手で傷病者の胸もしくは下あごを支えて、うつむかせます。
    傷病者が倒れている場合は、傷病者を手前に引き起こして横向きにし、自分の足で傷病者の胸を支えます。片手で傷病者の顔を支えます。
  2. もう片方の手のひらの付け根で、傷病者の肩甲骨と肩甲骨の間を強く4~5回、迅速に叩きます
  3. 異物が取れるか、反応がなくなるまで続けます

haibukoudahou

 呼びかけに反応がない場合又は、反応がなくなった場は・・・

  • ただちに心肺蘇生を開始してください。                               (東京消防庁 広報テーマ2017年12月号 より抜粋)

 

【参考】

 東京消防庁《 広報テーマ2017年12月号(年末年始の救急事故をなくそう  餅による窒息事故に注意)》外部サイトへリンク 

 東京消防庁《STOP 高齢者の窒息・誤飲外部サイトへリンク

 東京くらしWEB《年末年始の生活に潜むヒヤリ・ハット調査

 消費者庁《高齢者の餅による窒息事故に気を付けて!―餅での窒息による死亡事故が発生しています。注意して食べましょう―》外部サイトへリンク
 

 印刷用のPDFはこちら(PDF:218KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

電話番号:03-5388-3082

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.