ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > くらしの安全 > 危害・危険情報 > 食べ物・飲物による子供のやけどに気をつけて!

更新日:2017年12月18日

食べ物・飲物による子供のやけどに気をつけて!

乳幼児型人形にお椀1杯程度の熱湯をかけて表面の温度を測定したら、広い範囲で高温になりました!部長
最近の乳幼児のやけど事故件数や、事故を防ぐポイントも紹介します。

やけどによる救急搬送は0歳から4歳の子供に特に多く、中でも味噌汁・スープなど食べ物・飲物によるものが多く発生しています。味噌汁をかぶったエルメ

 

こんな事故が起きています!

  • 自宅でテーブルの上に置いてある味噌汁のお椀が乗ったお盆を、男児が引っ張って味噌汁をこぼし、背中、右脇腹をやけどした。(1歳 男児 重症)
  • 1歳の男児が母親に抱っこ紐で前に抱かれた状態で寝ていた。母親が味噌汁を食べている最中に男児が目を覚まし暴れた際に、味噌汁が左頬にかかり受傷した。(1歳男児 中等症)

 少量のお湯で大事故になることも!

乳児の場合、身体の表面積の10%以上のやけどで生命が危険な状況になるとされています※2。実際にお椀1杯程度の量の味噌汁(今回は150mlのお湯を使用)でどの程度の範囲をやけどするのか、乳児型人形を使って調べました。

試験内容

30℃程度に温めた生後7~10か月の乳児の大きさの人形に服を着せ、150mlのお湯(90℃程度)を人形の胸部にかけ、表面温度変化を計測しました。

試験結果

10秒経過しても、高温となる範囲は首の下から脚部まで、服を着ている部分の広い範囲に及びました。
150mlのイメージ(味噌汁)   乳児型人形10秒後の熱画像

事故を防ぐポイント

やけどの恐れのあるものは、子供の手の届くところに置かないようにしましょう!

テーブル上に置かれた熱いものが入った容器を子供が引き寄せ、内容物を浴びてやけどを負う事故が多く発生しています。テーブルの隅など、子供の手の届くところに熱いものは絶対に置かないようにしましょう。

 子供の手の届く範囲はデータ等に基づいて判断しましょう!手の届く範囲+台の高さの目安

子供は思いがけないところまで手が届きます。熱くなるものを置く場合は、データ等(計測値や右図)に基づいて置き場を決めましょう。

出展

《日常生活における事故情報》外部サイトへリンク東京消防庁
《乳幼児の事故防止教育ハンドブック》外部サイトへリンク東京都福祉保健局

印刷用のPDFはこちら(PDF:327KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部生活安全課商品安全担当

電話番号:03-5388-3055

ファックス番号:03-5388-1332

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.