ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

トップページ > 消費生活総合センター > 東京都消費者月間事業

更新日:2022年8月19日

東京都消費者月間事業

くらしフェスタ東京2022ロゴ

この事業は、消費者意識の啓発、消費者団体相互の連携強化、消費者・事業者・行政の協働の推進を目的として東京都と消費者団体が協働して行うものです。東京都の消費者月間である10月を中心に、年間を通じて消費生活に関する各種イベントを実施しています。

事業の愛称を「くらしフェスタ東京」として、ロゴマークと共に使用し広く都民に参加を呼びかけています。

令和4年度(2022年度)のテーマは、「持続可能なやさしい未来へ」です。
WEB上で実施する「交流フェスタ」や、オンラインでの「メインシンポジウム」など、自宅からも参加できる消費生活に関する様々な事業を展開します。

 

主な事業について

「交流フェスタ」では、消費者団体・事業者・行政が、消費生活に関する様々な情報をわかりやすく楽しく発信します。 昨年に引き続き、東京都消費者月間実行委員会ホームページ「くらしフェスタ東京2022」内で、「WEB交流フェスタ」を公開します。

「メインシンポジウム」は、各界で活躍されている方をお招きして、都民のみなさまに、くらしや消費について考えていただく機会を提供しています。
令和4年度は、近年、多様化する消費者被害について、幅広い年代に向けて、消費者被害から身を守る方法や、持続可能な未来へつなげていける行動や考え方のヒントを、オンラインで配信します。

2022年度東京都消費者月間事業ホームページ外部サイトへリンクはこちらから

くらしフェスタ東京2022ご案内チラシ(PDF:2,389KB)はこちらから

 

イベントのお知らせくらしフェスタ東京2022イメージ図

WEB交流フェスタ2022

「交流フェスタ」は、消費生活について楽しく学べるイベントです。
子どもから大人まで、どなたでも楽しんでいただけるWEBサイトです。
公開まで、どうぞ楽しみにお待ちください。

ホームページ公開期間

令和4年10月21日(金曜日)から令和5年1月20日(金曜日)

主なコンテンツ

  • ウェブース
    出展団体からのお得な消費生活情報が満載!
  • エシカルワークショップ
    エシカル素材を使ったワークショップでエシカル消費について学ぼう
  • どんどんチャレンジ!クイズラリー
    クイズに答えて図書カードNEXTを当てよう
  • Zoomウェビナーミニ講演会 など

 

メインシンポジウム (録画配信)(字幕付き)(申込不要)

オンライン講演会
もうけ話がトラブルに?~みんなで知って防ごう消費者トラブル~

講師

菊地幸夫 さん(弁護士)

配信期間

10月12日(水曜日)から11月11日(金曜日)

 

地域会場 多摩会場(ライブ配信/会場でのライブ配信視聴会)(要申込)

多摩から発信~持続可能なやさしい未来へ
講演会:ごみ収集の現場からみた“ごみ育”

講師

滝沢秀一 さん(お笑い芸人兼ごみ清掃員)

開催日時

10月25日(火曜日)11時から12時(会場 50名)

視聴会会場

東京都多摩消費生活センター 3階

 

地域会場 八王子会場(ライブ配信/会場での講演会)(要申込)

講演会:SDGsを日常生活に取り込んでみよう!

講師

マリカ先生(SDGs講師)

開催日時

11月25日(金曜日)14時から16時(会場 35名)

講演会会場

クリエイトホール(八王子市生涯学習センター)視聴覚室

共催

八王子市

 

エコプログラム (録画配信)(字幕付き)(申込不要)

オンライン講演会
東京を知ろう!~エコツーリズムでつなぐ自然と文化~

講師

海津ゆりえ さん(文教大学 国際学部国際観光学科 教授)

配信期間

令和5年1月16日(月曜日)から2月15日(水曜日)

 

東京のがんばる農業応援企画 食と農セミナー(ライブ配信)(要申込)

 講演会:持続可能な「食」と「農」とは~「食べる」から考える私たちの未来~

講師

下川哲 さん(早稲田大学政治経済学術院 准教授)

開催日時

12月10日(土曜日)14時から16時

共催

東京都農業経営者クラブ、(一社)東京都農業会議、(公財)東京都農林水産振興財団


2022年度のイベントの詳細は、くらしフェスタ東京2022ホームページ外部サイトへリンクからご覧ください。          

 

消費者月間事業の成立経緯

1978年、東京都消費生活条例制定3年、及び消費者センター開設10年を記念して東京都消費者週間が始まりました。その後20年を経た1997年に、事業内容の見直しを図り、東京都消費者月間事業に引き継がれ、現在に至ります。

 

消費者月間事業の仕組みイメージ

画像:消費者月間事業の仕組みをイメージした図

 

令和4年度(2022年度)東京都消費者月間実行委員会役員

氏名 団体
委員長 眞鍋 重朗(まなべ しげろう) 公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)
副委員長 宮崎 冴子(みやざき さえこ) 新宿区消費者団体連絡会
赤羽 朋子(あかばね ともこ) 東京都消費生活総合センター所長
常任委員(事務局長) 岩崎 初音 (いわさき はつね) 東京都生活協同組合連合会
常任委員(事務局次長) 馬渕 奈穂子 (まぶち なおこ) 東京都消費生活総合センター活動推進課長
会計監査 板谷 伸彦(いただに のぶひこ) 認定NPO法人 消費者機構日本
真上 浩泰(まがみ ひろやす) 東京都多摩消費生活センター所長

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都消費生活総合センター活動推進課協働連携事業担当

電話番号:03-3235-4167