ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

トップページ > 消費生活総合センター > 東京都消費者月間事業

更新日:2021年10月12日

東京都消費者月間事業

  • 「交流フェスタ」では、消費者団体・事業者・行政が、消費生活に関する様々な情報をわかりやすく楽しく発信します。 昨年に引き続き、東京都消費者月間実行委員会ホームページ「くらしフェスタ東京2021」内で、特設サイト「WEB交流フェスタ」を公開します。
  • メインシンポジウムは、各界で活躍されている方をお招きして、都民のみなさまに、くらしや消費について考えていただく機会を提供しています。令和3年度は、脱炭素社会の実現に向けて、私たち消費者に出来る温暖化対策についての講演をオンラインで配信します。

◆事業の詳細は、くらしフェスタ東京2021ホームページ外部サイトへリンクからご覧ください。

 

イベントのお知らせ

 新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、地域会場(多摩会場・八王子会場)はオンライン配信(ライブ)のみの実施となりました。会場でのご参加を検討いただいていた皆様には申し訳ございません。

WEB交流フェスタ2021

「くらしフェスタ東京2021」ホームページ内で、特設サイト「WEB交流フェスタ」を公開します。

主なコンテンツ

  • ウェブース~消費生活いろいろブース~(消費者団体・事業者団体等の情報提供コーナー)
  • エシカル消費ってなに?(エシカル消費を学ぶページ)
  • どんどんチャレンジ!WEBクイズラリー(参加すると抽選でプレゼントもあります)
  • オンラインセミナー、ぬりえコーナー、川柳コーナー など

<特設サイト公開期間>
令和3年10月22日(金曜日)から令和4年1月31日(月曜日)

子供から大人まで、どなたでも楽しんでいただけるWEBサイトです。ぜひ、ご覧ください。

 

メインシンポジウム  (オンライン配信) 公開配信(申込不要)
未来を変えるための 私たちの選択 ~気候変動と脱炭素社会~

ただいま配信中!

2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現に向けて、私たち消費者に出来る温暖化対策は何か。
2021年8月に公表された最新の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第6次評価報告書をもとに、経済と社会活動を続けながら進める、持続可能な社会形成に向けてのヒントをお伝えします。(字幕付き)

<講師>
江守 正多(えもり せいた)氏(国立環境研究所 地球システム領域 副領域長)
<配信期間>
10月12日(火曜日)から12月14日(火曜日)

 

地域会場 多摩会場(オンライン配信(ライブ))
    多摩から発信~誰もがくらしやすい未来へ

映画上映(事前申込(抽選有り)、無料)

映画「0円キッチン」
食品ロスをなくすためにヨーロッパ5カ国を巡る、明るい“食”の旅路のドキュメンタリー映画です。
オンライン配信(ライブ)での開催です。

<日時>
10月29日(金曜日)10時30分から12時(定員 100名)
<申込期間>
 9月17日(金曜日)10時から10月20日(水曜日)16時
(くらしフェスタ東京2021ホームページよりお申込みください)

 

地域会場 八王子会場(オンライン配信(ライブ))
    講演会(事前申込(抽選有り)、無料)
これだけは知っておきたい! ひとりでもできるSDGs

【共催】八王子市

一人ひとりの消費行動がSDGs達成に寄与し、未来を変えられることを伝えます。SDGs活動に取り組む学生と、講師との対談もあります。
オンライン配信(ライブ)での開催です。

<講師
千葉 潔 氏(国際連合広報センター 知識管理担当)
日時
11月30日(火曜日)14時から16時(定員 100名)
申込期間>
9月17日(金曜日)10時から11月18日(木曜日)16時
(くらしフェスタ東京2021ホームページよりお申込みください)   

   

エコプログラム(オンライン配信) 公開配信(申込不要)
私たちは何のためにものを買うのか ~未来を拓くエシカル消費~

「人や社会、環境に配慮した消費行動」のことを「エシカル消費」といいます。
私たちの毎日の暮らしに取り入れることのできる「エシカル消費」について考えましょう。(字幕付き)

<講師>
中原 秀樹 氏(一般社団法人 日本エシカル推進協議会会長)
<配信期間>
令和3年12月21日(火曜日)から令和4年2月28日(月曜日)

 

東京のがんばる農業応援企画 食と農セミナー(オンライン配信(ライブ))
    講演会と交流会(事前申込(抽選有り)、無料)
【共催】東京都農業経営者クラブ、(一社)東京都農業会議、(公財)東京都農林水産振興財団

講演会では、持続可能で豊かな生活を送るために都市農業の未来について、農業者、消費者へどのように考え関わっていけばよいのかを伺います。
その後、農業者と消費者でグループ交流会を行います。

<講演会>
東京を耕す~農業と地域住民のかかわりを探る~
<講師>
後藤 光蔵 氏(武蔵大学名誉教授)
<日時>
12月9日(木曜日)14時から16時(定員 50名)
<申込期間>
9月17日(金曜日)10時から11月30日(火曜日)16時
(くらしフェスタ東京2021ホームページよりお申込みください)
       

◆イベントの詳細は、くらしフェスタ東京2021ホームページ外部サイトへリンクからご覧ください。

 

消費者月間事業の成立経緯

1978年、東京都消費生活条例制定3年、及び消費者センター開設10年を記念して東京都消費者週間が始まりました。その後20年を経た1997年に、事業内容の見直しを図り、東京都消費者月間事業に引き継がれ、現在に至ります。

消費者月間事業の仕組みイメージ

画像:消費者月間事業の仕組みをイメージした図

令和3年度(2021年度)東京都消費者月間実行委員会役員

氏名 団体
委員長 平野 祐子 (ひらの ゆうこ) 主婦連合会
副委員長 眞鍋 重朗   (まなべ しげろう) 公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)
宮永 浩美 (みやなが ひろみ) 東京都消費生活総合センター所長
常任委員(事務局長) 岩崎 初音 (いわさき はつね) 東京都生活協同組合連合会
常任委員
(事務局次長)
中村 紀子 (なかむら のりこ) 東京都生活協同組合連合会
馬渕 奈穂子 (まぶち なおこ) 東京都消費生活総合センター活動推進課長
会計監査 高伊 茂  (たかい しげる) NPO法人 ら・し・さ
山口 淳介 (やまぐち じゅんすけ) 東京都多摩消費生活センター所長

お問い合わせ先

東京都消費生活総合センター活動推進課協働連携事業担当

電話番号:03-3235-4167