ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

トップページ > 若者 > サッと読める ちょっとお耳に入れたい話 > このメール、ホンモノ?だまされないためにはどうすればいいの?

更新日:2020年7月31日

このメール、ホンモノ?だまされないためにはどうすればいいの?

わたしたちの生活のオンライン化がますます加速する一方、誰がだまされてもおかしくない迷惑詐欺メールが急増しています。
これから3回にわたり、その危険性と被害にあわないためのコツを紹介します

執筆: 一般財団法人 日本データ通信協会 迷惑メール相談センター 

迷惑メールの中で、詐欺メールが送信されていることは知っていても、「わたしなら大丈夫!」と思っていませんか。
第1回では、急増する危険な詐欺メールについてお話しします。

説明者01

 

 

スマホの普及でとても便利になったオンラインショッピングやオンラインサービス。

これらを利用することはありますか。

 

質問者02

 

 

はい、オンラインショッピングは、自宅にいながらショッピングができるので、よく利用しています。もう、日常生活に欠かせません。
 

説明者03

 

 

ところで、フィッシング詐欺という手口が増えているのを知っていますか。
 

質問者04

 

 

「フィッシング詐欺」? どんな詐欺なんですか。
 

説明者05

 

 

企業やネットショップ、銀行などになりすましてホンモノそっくりのメールを送り、ニセモノのサイトに誘導して、クレジットカード番号、アカウント情報などの重要な個人情報をだまし取る手口です。最終的には金銭被害につながります。

フィッシング

 

 

 

質問者06

 

 

最近、フィッシングメールによる詐欺が増えているのでしょうか。
 

説明者07

 

 

そうですね。フィッシング対策協議会の2020年5月の報告(https://www.antiphishing.jp/report/monthly/202005.html外部サイトへリンク)によると、5月の報告件数は前年同月の約4.3倍で、なかでもAmazon  を装うフィッシングの報告は、4月の約 1.5倍、3月の約2.1倍の報告数となったとのことです。

フィッシング報告件数のグラフ

フィッシング報告件数(フィッシング対策協議会:2020/05フィッシング報告状況より)

 

質問者08

 

 

そういえば、ネットショップになりすました送り先  から身に覚えのない注文の確認メールが来てました!ちょっとだまされそうになってドキッとしますよね。

請求書

 

 

説明者09

 

 

色々な口実で迷惑メールを送信してきますが、メールでいきなり、ID/パスワードやカード情報などの入力を求められたら用心してください。誘導されるがままに入力しないようにすることがとても大切ですね。
 

説明者10

 

 

一目見て「ちょっと変だな?」と思える迷惑メールなら見分けられるかもしれません。しかし、普段利用している宅配便やネット通販のブランドから、メールが来たら、あなたはどうしますか?次回は、なりすまして送られてくる詐欺メールを具体的に見ていきましょう。

次回は、なりすまして送られてくる詐欺メールについて説明します。

(参考)詳しくは、迷惑メール相談センターWebサイトをご覧ください。

https://www.dekyo.or.jp/soudan/contents/taisaku/1-1-3.html外部サイトへリンク 

 

 

執筆: 一般財団法人 日本データ通信協会 迷惑メール相談センター 

詐欺メールについて、「わたしなら大丈夫!」と思っていませんか。でも、いつあなたが被害者になってもおかしくない状況が、すぐそこにあります。第2回では、詐欺メールを見抜くのが難しい理由についてお話しします。

スマホを持つ説明者 このメールを見てください。

 

詐欺メールイメージ01 詐欺メールイメージ02 詐欺メールイメージ03

 

             

 

 質問者(疑問符)

 

ホンモノですよね? 見慣れたロゴもあるし、送信者も間違いないし・・・。

             

説明者(横)

 

 

実はすべてニセモノです。最近の詐欺メールはホンモノそっくりに作られていて、詐欺と気づくのがとても難しくなっているんです。

             

質問者04

 

 

えっ!? いつものメールと同じに見えます。
             

説明者05

 

 

メールの送信者欄に、ホンモノそっくりのブランド名を書いたり、ロゴを表示したり、リンク先をホンモノそっくりに作るのも、技術的にはできてしまいます。(※これらの行為は法律違反です。)

ですから、ホンモノと見分けがつかないメールが来てもおかしくないんです。

 

             

質問者06

 

 

でも、詐欺メールなら、落ち着いて読めば、オカシイ!って、わかるんじゃありませんか?
             

説明者07

 

 

ところが、気づかずにだまされる理由があるんです。先程のメールを見てください。

件名に“セキュリティ保護”“請求書添付”“セキュリティアラート”などとありますね。受け取った人を焦らせるような内容です。しかも、本文にこれへの対応策が書いてあります。これが、「不安と安心をセットで提示する」だましのテクニックです。

 

心理

             

質問者(困惑)

 

 

確かに、こんなメールが届いたらびっくりして、「えっ、どうしよう」「何とかしなきゃ!」「そうか!ここで手続きするんだ!」って、すぐに反応しちゃうような気がします。

詐欺をかんたんに見分けるコツはないんですか?            

 

 

             

説明(へ)

 

 

最近の詐欺メールは巧妙に作られていて、利用者が詐欺と気づくのが難しくなっています。これまで、迷惑メール相談センターでも、本文の日本語が不自然ではないか、アドレスやリンク先のドメインを偽装していないかなどあやしさを見抜くコツを伝えてきましたが、もはや、それだけで見分けるのは限界に近づいているといえます。

質問者(汗) でも、メールは使いたいし…。どうしたらいいですか?
             

説明者(横)

 

 

ホンモノとニセモノをかんたんに見分けることは、とても難しいですが、「緊急」「重要」「セキュリティ」などを強調するメールは、詐欺メールの可能性が高いと思ってください。もし、本物か確認する必要がある場合は、メール記載のリンク先ではなく、公式ホームページで公開されている内容や問い合わせ先に確認することが大切ですね。Amazonなど、被害防止に向けた取組を行っている企業もあります。
ふたり 第3回では、だまされないコツ「ゼロトラスト」について詳しくお話します。

 

次回は、だまされないコツ「ゼロトラスト」について説明します。

 

(参考)

迷惑メール相談センターのWebサイトでは、だまされないように注意すべき迷惑メール情報を随時掲載しています。

 要注意メール https://www.dekyo.or.jp/soudan/contents/news/alert.html外部サイトへリンク

Amazon.co.jpからの連絡とフィッシングの見分け方について

 https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201909120外部サイトへリンク

 

「ちょっとお耳に入れたい話」はこちらお耳に入れたい話バナー画像

 

お問い合わせ先

東京都消費生活総合センター活動推進課学習推進担当

電話番号:03-3235-1157