ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 取引・表示指導 > 処分事業者等一覧 > ガス小売全面自由化に伴いガスの契約先変更の勧誘をしていた電話勧誘販売事業者に業務改善を指示 > 相談事例(株式会社Free Connect)

更新日:2018年2月1日

≪参考資料≫ 相談事例(株式会社Free Connect)

【事例1】

 平成29年春頃、甲の自宅の電話が鳴った。甲が電話にでたところ、当該事業者の営業員Aからの電話だった。Aから最初にガスの契約についての勧誘であることは言われなかった。この電話で甲は、契約中のガス会社の名前が変更になると思った。また、料金プランの説明などは一切言われなかった。

 電話のあった数日後、甲は娘から、「自宅にガス会社の作業員が来ているがどういうことか。」と尋ねられた。その時甲は、以前、△△ガスが〇〇ガスになるという電話を受けたことを思い出し、娘にその話をした。その後、甲宅に契約書のようなものが送られてきた。甲は、〇〇ガスにガス契約の変更を申し込んだ覚えはないのに、契約書類のようなものが送られてきたことが迷惑だった。

 翌月、〇〇ガスからガス使用量のお知らせハガキが甲宅に届いた。結局、甲はガスの自由化ということについてよく分からないまま、勝手に〇〇ガスに契約を変更させられてしまった。甲の娘が元のガス会社に契約を戻そうとしたところ元のガス会社から「元々加入していたプランには再加入できません。」などと言われとても苦労した。

【事例2】

 平成29年春頃、乙の自宅の電話が鳴った。乙が電話にでたところ、当該事業者の営業員Bから「ガス代が安くなります。」などというようなことを言われた。乙は、営業員Bが会社名や名前を名乗ったか忘れてしまったが、その時の電話では、ガス料金のことについて何かお知らせがあるという程度の理解しかできず、まさかガスの契約変更の勧誘電話だったとは思わなかった。また、料金プランの説明などは一切言われなかった。

 乙は、この時の電話で「申し込みをします。」とか「契約を切り替えます。」などと言って承諾をした覚えはない。電話のあった数日後、乙の自宅に書類が届いた。書類は、「現在契約している〇〇ガスから〇〇ガスへの変更を申し込んでいただき、ありがとう御座います。」という内容のものだった。また、ガス契約変更にかかる申込内容書面が入っていたが、供給開始時期や毎月のガス料金の支払い方法は記載されていなかった。

 数日後、今度は乙の自宅に〇〇ガスから契約書が届いた。乙は、〇〇ガスにガス契約の変更を申し込んだ覚えはないのに、申込書や契約書が送られてきたことがとても迷惑だった。翌月、〇〇ガスからガス使用量のお知らせハガキが乙に届いた。結局、乙はガスの自由化ということについてよく分からないまま、勝手に〇〇ガスに契約を変更させられてしまった。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部取引指導課取引指導担当

電話番号:03-5388-3073

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.