ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

更新日:2013年3月21日

自主基準づくりの応援

消費者が商品・サービスを適切に選択できるよう、わかりやすい 表示を進めていくためには、行政による不当な表示等に対する監視・規制を強化すると同時に、自主基準の策定・運用など、各業界における表示適正化に向けた取組みが重要です。

自主基準策定が必要と考えられる業界への個別的な働きかけや、各業界の方々が主催する自主基準検討会等への積極的な参加など、様々な手法により自主基準づくりを支援していくとともに、自主基準の策定・運用の成功事例等を積極的に情報提供していきます。

東京都からの助言・指導

東京都では、自主基準をすでに策定している業界団体の方や策定しようとしている業界団体の方が必要とする情報提供や、この「表示に関する自主基準策定支援ナビ」では対応しきれない、自主基準づくりに関する個別的な課題に対するご相談にも可能な範囲で対応していきます。
(ご相談の方は、下記の連絡先までどうぞ。)

JAROの取り組み

JARO(ジャロ)とは、公益社団法人「日本広告審査機構」の英文名 Japan Advertising Review Organization,Inc.の略称です。

JAROは「広告主や新聞社、出版社、放送会社、広告会社それに広告制作会社など、広告に関係する企業の自主的団体として、昭和49年10月に誕生し、今日まで、広告・表示の自主規制機関として活動しています。

JAROの業務には各種の業界団体や企業からの基準策定・ガイドライン作成などの支援要請があれば、行政機関と協力の上、広告基準などが未整備な業界の規約策定などを支援する業務等があります。

詳細については、こちらをご覧ください。

策定・運用の成功事例

表示に関する調査結果等

関係法令・関係行政機関

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都生活文化局消費生活部取引指導課表示指導担当

電話番号:03-5388-3066

ファックス番号:03-5388-1332