ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

トップページ > 相談したい > ご注意ください(消費者被害情報ほか) > 消費者金融で借金してまで始めた投資。本当に儲かるの?~日経225先物取引の投資学習用USBメモリーの勧誘に注意してください~

更新日:2020年5月20日

消費者金融で借金してまで始めた投資。本当に儲かるの?
~日経225先物取引の投資学習用USBメモリーの勧誘に注意してください~

消費者注意情報

令和2年5月20日

相談事例

大学の友人に「儲け話があるので聞いてみないか」と誘われ、カフェで会うことにした。そこで紹介された男性に「日経225の投資を始めれば儲かる。このUSBメモリーは50万円だが、shouhishakinnyuukanyuu投資用学習教材のデータが入っていて、使えば高い確率で儲かる。誰かを紹介すれば一人当たり5万円の紹介料がもらえる。」と説明された。
高額だからと断ったが、消費者金融で借りても投資を始めればすぐに返済できると強く勧められた。友人からスマートフォンで申請するよう促され、勝手に「フリーター、年収300万円、使用目的は生活費補填」など虚偽の内容を入力され、50万円の融資を受けた。
USB購入後、投資知識を教えてくれるというミーティングにも参加し、USBを使って投資してみたが、全く儲からなかった。元手を稼ぐには友人を紹介すればいいと言われているが紹介したくない。どうしたらよいか。(20歳代、男性)

ココに注意!…東京都消費生活総合センターからのアドバイス

  • 勧誘されてもすぐに契約せず、慎重に検討しましょう。
    「日経225先物取引」等の高額な投資学習用USBメモリーの契約を勧誘されたという大学生等の若者の相談が増加しています。相談の多くは、親しい友人や先輩から「このシステムを使えば投資で月数万円から数十万円儲かる」などと誘われ購入したが、儲からない、借金を作ってしまったといったものです。儲け話をうのみにして、その場で契約することは危険です。いったん持ち帰って家族などの身近な人に相談するなど、慎重に検討しましょう。
  • 友人や仲間からの紹介、誘いであっても、断る勇気が必要です。
    お金がないと断っても、消費者金融などから借金するよう友人から勧められ、断り切れずに借金して購入したという相談も多く寄せられています。投資での儲けを当てにした借金は危険です。親しい友人等から借金するように言われても、きっぱりと断りましょう。 
    また、紹介料をもらうために友人を勧誘すると、友人関係を壊してしまう恐れがあるうえ、今度は自分が友人にとっての加害者になってしまいます。
  • 日経225先物取引を行うためには、一定の基準を満たす必要があります。
    相談事例にある投資学習用USBメモリーの契約は「日経225先物取引」のためのものですが、この取引は、株式投資の経験も知識もない若者が簡単に始められるものではありません。
    取引を始めるためには、証券会社に口座を開設していること、及び、取引内容に応じた証拠金を預け入れることが必要条件となります。また、口座の開設にも株式等の投資経験があることや、損失リスクに備えた金融資産を保有していること等、証券各社が一定の基準を定めています。
  • 困ったら、一人で悩まず、消費生活センターにご相談ください。
    契約してしまっても、解約できる場合があります。一人で悩まず、できるだけ早く最寄りの消費生活センターにご相談ください。

東京都消費生活総合センター   03-3235-1155(相談専用電話)
お近くの消費生活センター 局番なし ☎188(消費者ホットライン)

悪質事業者通報サイトへ情報をお寄せください。 <事業者名がわからなくても通報できます!>
寄せられた情報は、悪質事業者の指導や処分に役立つほか、都民の皆様への情報提供、啓発につながります。

悪質事業者通報サイト

<参考:こちらもご覧ください>
大学生等に借金をさせ、投資取引に係る高額なUSBメモリーを販売していた3事業者に業務停止命令(令和2年3月26日) https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/torihiki/shobun/shobun200325.html

〇消費者被害情報「大学生のみなさん、バイナリーオプションの投資学習用USBメモリーの勧誘にご注意ください!」(令和元年7月4日)  https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/kinkyu/190703.html

その他の注意喚起情報はこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。