ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > ご注意ください(消費者被害情報ほか) > 個人情報流出事故に便乗した不審な連絡にご注意ください

更新日:2016年6月15日

個人情報流出事故に便乗した不審な連絡にご注意ください

消費者注意情報

平成28年6月15日

 株式会社ジェイティービー(以下「JTB」という。)は、外部からの不正アクセスにより顧客の個人情報が流出した可能性があると、平成28年6月14日に発表しました。
  一般的に個人情報の流出事故が報道されると、自分の個人情報が流出したのではないかとの不安な気持ちを利用し、「流出したあなたの個人情報を削除してあげる。」などと電話やメールで連絡して、お金をだまし取ろうとする悪質な勧誘行為が増加する傾向があります。
  今回の個人情報流出の可能性に関する報道に便乗して、詐欺的な行為が発生するおそれがありますので、ご注意ください。

個人情報の削除を名目にした勧誘事例

  •  「国民生活センターの担当者」を名乗る人物から電話があり、「あなたの個人情報が流出した。調査して消去してあげる。」と言われた。その翌日、「政府の個人情報管轄機関」から電話があり、「あなたの名前が詐欺に使われている。このまま放置すると大変なことになる。」と言われ、不安だ。
  •   「あなたの名前が複数の会社の会員に登録されている。依頼があれば削除する。」という電話があった。 削除を依頼したところ、後日、「1社だけ削除できなかった。削除するためには、あなたの代わりに会員となる人が必要。知り合いのNPO団体の代表を紹介してあげる。」と言われた。しばらくすると別の人物から電話があり、「あなたの代わりに会員になってもよい。そのかわり、NPO団体で購入する予定の商品をあなたの名義で契約してほしい。」と言われた。

ココに注意!…東京都消費生活総合センターからのアドバイス

  • 個人情報を削除してあげるなどと持ちかけてくる電話は詐欺ですので、相手にせずに、すぐに電話を切ってください。
  • 金銭を要求された場合は、絶対に支払ってはいけません。
  • 不審な電話やメールがあれば、すぐに最寄りの消費生活センターに相談を!!

  • 今回の不正アクセスによる個人情報流出の可能性に関しては、下記の窓口にお問い合わせください。
 ≪JTBのお客様特設窓口≫
専用フリーダイヤル 0120-589-272
受付時間  9時~20時30分(土・日・祝日を含む)
※詳しくは http://www.jtbcorp.jp/jp/160614.html

(参考情報) 

東京都消費生活総合センター
03-3235-1155(相談専用電話)

悪質事業者通報サイトへ情報をお寄せください。 <事業者名がわからなくても通報できます!>

すでに解決してしまった消費者相談情報や、窓口に相談するほどでもないけど困った経験をしたことがあるなどの情報をお寄せください。

悪質事業者通報サイト

その他の注意喚起情報はこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.