ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > ご注意ください(消費者被害情報ほか) > オーナー契約等預託契約は慎重に!!

更新日:2011年8月26日

オーナー契約等預託契約は慎重に!!
和牛のオーナー契約などの「預託契約」には「リスクが伴うこと」をお忘れなく!! 契約は慎重に!二次被害にもご注意を!!

緊急消費者被害情報

平成23年8月9日に民事再生手続開始を申し立てた株式会社安愚楽牧場に関する相談が急増しています。

今後、預託契約(※)で貴重な資産の運用を検討する場合には、「約束されていた配当が受け取れない」「事業者の経営破綻により元金がほとんど戻ってこない」といったリスクがありますので、契約をする際はしっかり説明を聞き、よく理解したうえで契約をしましょう。

※ 預託契約とは?

契約者が購入した特定の商品(牛・貴金属等)や施設利用権(ゴルフ場利用権等)を預託業者が3か月以上預かり、そこから得られる収益を契約者に償還する契約

(特定商品等の預託等取引契約に関する法律)

消費者へのアドバイス

しっかり内容を確認する!

収益が生じる仕組みやリスクについてきちんと説明を受けて、よく理解して契約してください。不明な点は説明を求め、書面でしっかり確認しましょう。

即決せず、冷静な判断を!

高額な契約を結ぶ場合や投資額を増額する場合は、自分ひとりでその場で決めず、事前に家族の方などとよく相談してから決めましょう。

二次被害にご注意!

万一、預託契約で損害を受けた場合は、その後の二次被害にもご注意ください。

過去の事例では、「返金手続きを代行します」「損害を回復します」などと言って手数料等を要求され、入金後、連絡が取れなくなるケースもありました。

一人で悩まず、まず相談を!

おかしいなと思ったら、家族に相談するとともにすぐに最寄りの消費生活センターにご相談ください。

東京都消費生活総合センター(相談専用電話)
電話 03-3235-1155

参考

都内消費生活センターで受け付けた預託契約に関する相談件数(速報値)

都内消費生活センターで受け付けた預託契約に関する相談件数(速報値)

*平成23年8月23日現在PIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)に登録されているもの

相談事例

事例1:牛の預託契約

貯蓄のつもりで契約していた牛の預託契約。2年前に満期を迎えたときは予定どおり利息がついた。今月末に満期を迎えるので、いつ入金になるのか連絡したところ電話がつながらない。センターに情報はないか。(50歳代 女性)

事例2:ダチョウの預託契約

肉の食用や新型インフルエンザの抗体として卵が見直されているとダチョウの雄・雌がセットになったオーナー契約の電話勧誘があった。業者が責任を持って肥育し、大きくなったら売却して利益が得られるとのことであるが不審。(30歳代 女性)

事例3:預託契約の二次被害

以前、和牛商法で200万円の損害を被った。最近、損害額を全額回復できるとの電話があった。弁護士が介在し、早急に書類作成をするので、費用が必要と言われたが、信用できるか。(60歳代 男性)

その他の注意喚起情報はこちら

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.