ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > ご注意ください(消費者被害情報ほか) > ドロップシッピングやアフィリエイトによる儲け話にご注意!!

更新日:2009年2月5日

ネットショップ運営やネット広告で初心者でも簡単に高収入が得られる?
ドロップシッピングやアフィリエイトによる儲け話にご注意!!

緊急消費者被害情報

内職・副業相談の中で、インターネット関連の相談が占める割合が増えています。特に、ホームページを開設し、自宅で副収入が得られるドロップシッピングやアフィリエイトの相談が多くなっています。「初心者でも高収入が得られるとの宣伝文句に惑わされ、高い初期費用を投入したが利益がない」、「毎月高収入が得られると思ったが、僅かな収入にしかならない」といった相談が寄せられています。

簡単に高収入が得られると謳って、高額なパッケージを斡旋する業者には注意しましょう!

※ドロップシッピングとは:在庫を持たずにネットショップを開設し、メーカーや卸業者と代理店契約し、取り扱い商品の販売価格を自由に決めて、自ら売主になって販売する。

※アフィリエイトとは:企業や店舗で取り扱っている商品・サービス等をサイト運営者が自分のWebサイトやブログで宣伝広告し、そのサイト経由で商品が売れた場合に報酬が支払われる。

インターネット関連の副業に関する相談件数の推移(都内消費生活センター)

インターネット関連の副業に関する相談件数の推移1

インターネット関連の副業に関する相談件数の推移2

消費者へのアドバイス

  • ドロップシッピングやアフィリエイトは、素人が短時間の作業で高収入が得られるほど簡単なものではなく、高額な初期費用を取り戻すのは至難の業です。
  • ドロップシッピングの場合は、売主として取り扱う商品の責任を負わなければなりません。
  • 疑問を感じたり困った時は、消費生活センターにご相談ください。

ドロップシッピング相談事例

事例1

家で出来る副業をネットで調べ、ネット上にホームページを開設し、有名ブランドのゲーム機、薄型TV、有名遊園地のチケット等を販売するため仲介業者と契約。商品リストは業者から提供され、商品発送も業者が行う。ホームページ開設等費用130万円を銀行から借りて支払った。3ヶ月で元がとれると言われたが、利益は1500円のみ。業者と連絡が取れない。(30代 男性)

事例2

ネットで副業で検索したドロップシッピング業者。会員になるとホームページを作成してくれ、販売する電気製品を低価格で卸してくれるので販売利益があると説明されて、75万円の契約をした。電気製品の卸価格は、ネット上の他の店の販売最低価格の7,8割との説明だったが、実際には卸値が高いため、他の店のネット販売価格よりも高額になって売れない。契約書には卸価格の記載はない。利益がなく返金希望。(20代 男性)

事例3

ネットでドロップシッピングの内職を知り仲介業者と契約。契約金150万円の半額を支払ったが、自分の店はなかなか開店しない。(20代 男性)

アフィリエイト相談事例

事例1

PCのスパムメールで知った、アフィリエイトの仲介業者と契約。ホームページをアップし利益を上げる方法。サーバーの費用が60万円。一部をサラ金から借りて支払った。ホームページ上のバナー広告を見て申し込みがあった場合、金額の一部を利益として受け取れるとの話だったが全く収入にならない。(20代 女性)

事例2

メルマガを見て、アフィリエイトで収入を得るため、ブログ作成サポート会社と契約。初期費用3万円、継続費用3ヶ月分28000円を前払いした。サポートを受けたが思ったように収入が得られないので返金して欲しい。(30代 男性)

事例3

ホームページの広告収入で稼がないかと誘われ、ホームページ作成費30万円支払った。広告収入は月2~3万円だが、サーバーレンタル料が月1万円必要。ホームページを作成するCDが届いたが使い方はわからないし、儲からないので止めたい。(30代 男性)

※ドロップシッピングやアフィリエイトを勧誘するウェブサイト上に、「だまされたと思ったら、東京都消費生活総合センターに電話してください」などど、あたかも、当センターが当該事業者のサービスや契約の内容を保証しているかのように記載しているものがみられます。

このような記載は、当センターに無断で掲載されたものであり、事業者と当センターとは一切関係ありません。

当センターでは、該当の事業者に抗議し、削除を要請しました。

その他の注意喚起情報はこちら

お問い合わせ先

東京都消費生活総合センター相談課
電話 03-3235-1155

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.