ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 相談したい > ご注意ください(消費者被害情報ほか) > 1都3県の大学生の間で「マルチ商法」が拡大!!

更新日:2003年11月6日

1都3県の大学生の間で「マルチ商法」が拡大!!

緊急消費者被害情報

「月収100万円も夢ではない」と勧誘するネットワークビジネスに注意!

未成年者や大学生からのマルチ商法に関する相談が増加しています。平成15年4月~9月、1都3県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)の各地の消費生活センターに寄せられた相談件数は、前年同期に比べ1.5倍の増加となりました。

  • 「いいアルバイトがある」などと販売目的を隠して、友達から友達に口コミで広がっています。
  • 「友人を誘うだけで金儲けができる」「月収100万円も夢ではない」などと、喫茶店などで深夜12時頃まで長時間に及ぶ勧誘で契約させられています。
  • 組織に入る条件として、主に10万円~30万円の健康食品や化粧品を購入させ、無理やり高金利の学生ローンを紹介されて支払いをさせられています。
  • 友人を誘っても断られ、友人を失い、その挙句、高額な商品代金の支払いのみが残っています。

消費者へのアドバイス

  • 簡単に儲かるという「うまい話」には注意しましょう!
  • 金利の安い学生ローンはありません。安易に借りてはいけません!
  • 契約書面受領日から20日以内であれば、クーリング・オフができます!
  • 困ったときは、消費生活センターに相談しましょう!

相談事例

相談事例1

高校時代の友人に「簡単で楽しい広告宣伝ビジネスがある」と誘われて説明会に行った。会場では、「2割の勝利者になろう。友人に紹介するだけでボーナスが入る。年収1,000万円も夢ではない。」と言われ気分が高揚した。その後、喫茶店で深夜12時まで説得されて、10万円相当の化粧品を契約し組織に入会した。翌日、学生ローンに連れて行かれ、10万円を借り入れ支払った。しかし、友人を誘っても誰も相手にしてくれないし、自分には不要な商品の支払いのみが残った。(20歳、大学生)

相談事例2

友人に「いいアルバイトがある」と誘われ出向いた説明会で、特別な成分が入っているのでガンに効くという健康食品の効能効果を強調され、利益追求の話があった。その後、喫茶店に移動して深夜まで勧誘され契約をした。友人を誘う気にならず上位ランクの人に止めたいといったが説得された。しかし、やはり友人を誘う気にはならず、自分には不要な商品代金の支払いのみが残った。(20歳、大学生)

相談事例3

部活の友人に誘われ出向いた説明会で、「簡単に稼げる、ボーナスもでる。商品代金は28万円でもすぐに元がとれる。」と説明され健康食品の契約をした。未成年者であることは伏せるように言われ、契約書には20歳と書かされた。そして、商品代金は、学生ローンを紹介され借金して支払った。しかし、友人を騙すようなことはしたくないので解約したい。(19歳、大学生)

その他の注意喚起情報はこちら

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.