ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

トップページ > 相談したい > ご注意ください(消費者被害情報ほか)

更新日:2020年9月11日

ご注意ください(消費者被害情報ほか)

東京都消費生活総合センターに寄せられた相談の中で、相談が増加している新しい手口、注意が必要な商法等について、その内容、注意点をお知らせしています。

公的機関等を名乗った架空請求に注意!~高齢者を狙った被害が多発しています~

「法務省管轄支局」や「訴訟通知センター」などから訴訟関係のハガキや封書を受け取った、という相談が高齢者から多く寄せられています。これらは実在するものではなく、公的機関をよそおい、「訴訟」や「差し押さえ」などの言葉を使って不安をあおる架空請求の手口です。電話をしてしまうと、個人情報を聞き出されたり、金銭をだまし取られたりする可能性があります。慌てて連絡をせず、おかしいと思ったら最寄りの消費生活センターにご相談ください。

消費生活相談窓口

消費生活に関するご相談はこちらへ

 

過去の一覧はこちら