ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

トップページ > 相談したい > ご注意ください(消費者被害情報ほか)

更新日:2020年7月29日

ご注意ください(消費者被害情報ほか)

東京都消費生活総合センターに寄せられた相談の中で、相談が増加している新しい手口、注意が必要な商法等について、その内容、注意点をお知らせしています。

入会金を要する「楽して稼げる副業」への勧誘に注意してください~個人事業主と偽って持続化給付金申請させる違法な手口が増えています~

新型コロナウイルス感染症の影響でアルバイトができない時に、中学時代からの友人に「副業で稼がないか。」と誘われ、友人の知り合いと3人でカフェで会った。その後、その知り合いが属する組織に入会し、ミーティングに参加したら、国の新型コロナウイルス対策である「持続化給付金」を個人事業主だと偽って申請するように教えられた。楽をして稼げるうまい話はありません。その場で契約せず、家族など身近な人に相談するなど、慎重に検討しましょう。困ったら、一人で悩まず、最寄りの消費生活センターにご相談ください。

消費生活相談窓口

消費生活に関するご相談はこちらへ

 

過去の一覧はこちら