ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

更新日:2020年3月19日

現代TOKYO怖話動画作品

公募動画作品について

 2019年11月~2020年1月に公募した作品の中から、「僕とスマホとあのサイト」(伍長さん)が最優秀動画に選ばれました。自身で作成したショートストーリーをもとにした動画が最優秀賞を受賞し、伍長さんは、ダブル受賞となりました。

動画最優秀作品 

「僕とスマホとあのサイト」(伍長さん)

 最優秀動画かわいらしさとシュールさが融合した手書きイラストで想像力を掻き立てられるユニークな表現手法が印象的な作品です。
【ストーリー概要】初めてスマホを使った僕は、いきなり広告をタップ。「登録完了」30万円の支払いを求められる。どうしようと悩んでいるところにお姉ちゃんが来て・・・。
下記の4コマはストーリーイメージ。ぜひ、動画全編をご覧ください。原作 ストーリー全文は、優秀10作品の紹介ページをご覧ください。
僕とスマホ1 「面白いサイトがあるんだよ。お前もみてみろよ」

僕とスマホ2 少しばかりの興味心で一つの動画を開いた。

僕とスマホ3 「登録完了、三十万円の会員料を支払ってください。」

僕とスマホ4 いきなりドアが開きおねえちゃんが入ってきた。

公募動画作品を東京動画から見る(2分8秒)外部サイトへリンク
公募動画作品をYouTube東京都チャンネルから見る(2分8秒)外部サイトへリンク

現代TOKYO怖話SideA / B

 現代TOKYO怖話では、ショートストーリー最優秀作品「女の子の悩みにつけこむ悪い罠」(岩藤千波さん)の作品をもとにして、プロのクリエイターが2作品の動画を制作しました。

永島さん岸さん写真 ドラマ撮影現場にて、おふたりから、ドラマの感想を交えたショートコメント(48秒)外部サイトへリンク(YouTube)をいただきました。先にこちらをご覧いただくと、本編が、より楽しくなるかもしれません。

見どころ

★絡み合う二つの視点
さとみ(消費者)とあすみ(事業者)、二つの視点の結びつきが、消費者被害にとどまらない恐怖につながります。
両方の作品を見ることで、物語の全貌が明らかになります。

★エンタメ性
メインターゲットである若者が楽しみながら消費者被害について学べるよう、啓発動画の枠にとどまらないエンタメ作品に仕上げました。

現代TOKYO怖話SideA

 SideAは、最優秀作品「女の子の悩みにつけこむ悪い罠」(岩藤千波さん)の作品を原作として、プロのクリエイターがドラマ化した、脱毛サロンが舞台の作品です。

ストーリー

 大学生のさとみは、激安脱毛エステのポスターを見て、不安の中サロンに出向く。エステティシャンのあすみに押し負け、「期間限定・初めての方限定」のプランを契約することに。さとみを待ち受ける運命とは?

出演

永島さん写真

【杉本さとみ役】
 永島聖羅さん
【Profile】
乃木坂46の1期生としてデビュー
卒業後も、タレント・女優として活躍中
「Going! Sports&News」(NTV)にお天気キャスターとして出演中

【PR message】
ドラマ撮影現場でPRメッセージ(28秒)外部サイトへリンク(YouTube)をいただきましたので、本編をご覧になる前にどうぞ。

 動画本編再生

SideAを東京動画から見る(5分44秒)外部サイトへリンク
SideAをYouTube東京都チャンネルから見る(5分44秒)外部サイトへリンク

シナリオ

シナリオを見る(PDF:207KB)

現代TOKYO怖話SideB

 SideBは、プロクリエイターのオリジナルシナリオをもとにしたSideAの関連ドラマで、脱毛サロンで働くエステティシャンの視点で描いた作品です。

ストーリー

 サロンで働くエステティシャンのあすみは、ノルマに追われ、契約をとる技術を叩き込まれる毎日。ある日、大学生のさとみを担当したことから、あすみの人生は思わぬ方向に向かう。

出演

岸さん写真

【高橋あすみ役】
 岸明日香さん
【Profile】
『週刊プレイボーイ』(集英社)、『ゴッドタン』(TX)の出演などで注目を集める
現在は、映画やドラマなど活躍の舞台を広げている
【PR message】
ドラマ撮影現場でPRメッセージ(23秒)外部サイトへリンク(YouTube)をいただきましたので、本編をご覧になる前にどうぞ。

 動画本編再生

SideBを東京動画から見る(5分43秒)外部サイトへリンク
SideBをYouTube東京都チャンネルから見る(5分43秒)外部サイトへリンク

シナリオ

シナリオを見る(PDF:213KB)

現代TOKYO怖話関連動画のご紹介

アンバサダー岡田結実さんからのメッセージ

岡田さん写真  現代TOKYO怖話アンバサダーを務めていただいた岡田結実さんからメッセージです。
  公募作品(動画・ショートストーリー)についての感想やアンバサダーとしてのメッセージをいただきました。  ぜひ、ご覧ください。

岡田さんからのメッセージを東京動画から見る(1分51秒)外部サイトへリンク
岡田さんからのメッセージをYouTube東京都チャンネルから見る(1分51秒)外部サイトへリンク 

※この事業全体のイメージは成年年齢引き下げ対策 消費者被害防止啓発事業をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都消費生活総合センター活動推進課高齢者見守り・連携担当

電話番号:03-6228-1331

ファックス番号:03-3268-1505