ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 学びたい > タイアップ企画等 > 高齢者の消費者被害防止に向けた「悪質商法注意喚起プロジェクト」(令和元年度)

更新日:2019年8月30日

高齢者の消費者被害防止に向けた「悪質商法注意喚起プロジェクト」(令和元年度)

 都内の消費生活相談における高齢者の相談件数は、全体の4割を超える深刻な状況にあります。 このような状況を踏まえ、東京都では平成27年度から、宅配事業者等と連携し、高齢者に悪質商法に関する注意喚起を行うプロジェクトを実施しています。令和元年度も、9月から12月の間に、約16万部のリーフレットを高齢者等に配布します。

事業内容

 高齢者の消費者被害防止のために、宅配業務や配食業務などで直接各ご家庭に伺う事業者が、悪質商法被害に関する注意喚起情報(リーフレット)を高齢者や高齢者を見守る方を対象に、声かけしながら手渡しすることで、“心に届く”注意喚起を行います。

令和元年度 連携事業者

運送事業者

 ・ヤマト運輸株式会社(西東京主管支店/多摩主管支店)

生活協同組合

 ・生活協同組合コープみらい

 ・東都生活協同組合

 ・生活協同組合パルシステム東京

 ・生活クラブ生活協同組合・東京

配食事業者

 ・株式会社シニアライフクリエイト(宅配クック123)

 ・株式会社武蔵野フーズ(健康宅配)

 ・株式会社ベネッセパレット(ベネッセのおうちごはん)

 ・ワタミ株式会社(ワタミの宅食)

ライフライン事業者

 ・東京ガスライフバルTAKEUCHI株式会社(東京ガスライフバル練馬・板橋北/南板橋)

飲料宅配事業者

 ・東京ヤクルト販売株式会社

 

 リーフレット画像

 

    【実施時期】
        令和元年9月~12月

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都消費生活総合センター活動推進課高齢者見守り・連携担当

電話番号:03-6228-1331

ファックス番号:03-3268-1505

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.