わたしは消費者 教員向け消費者教育情報提供誌・Web版
 

新作消費者教育教材(Web版/DVD)が完成しました

消費者教育教材DVD(高校生・若者向け)

リーガル☆レッスン♪ 〜民法と契約の基礎を学ぶ〜

「東京くらしWEB」で動画配信中
http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/douga/mov_2016dvd.html

東京都消費生活総合センター

1. DVD教材の目的

「不当請求」「架空請求」への対処方法は知っていても、「不当請求」「架空請求」とは何かをご存知ですか?

日常生活で何気なく行っている契約ですが、いざトラブルが起きたときに初めて「契約の意義」や「契約の拘束力」を意識するものです。社会経験の少ない若者が、安易に契約を結んだり、悪質事業者の説明を鵜呑みにしてしまったりする原因の一つに、民法や契約の基礎知識の不足が考えられます。

そこで、本DVDでは、契約を結ぶことの法的な意味と責任、また不完全な契約に対する責任分配の在り方など、法律の考え方やバランス感覚を学習することで、不当な契約から身を守る力を養うことを目指しています。

時間:
32分
監修:
たつき総合法律事務所
弁護士 洞澤 美佳
協力:
東京都立成瀬高等学校
主任教諭 阿川 浩美
東京都立雪谷高等学校
教諭 小貫 篤

2. DVD の特徴と使い方

(1)
高等学校学習指導要領に準拠して、家庭科や公民科などで使用することができます。また中学校の授業でも使用することができます。
(2)
民法と契約の基礎知識について、高校生などの若者が、日常のエピソードを通して実感しながら身につけることができます。
(3)
DVD本体には、視聴する本編のほか、プリントアウトできるPDF資料(補足解説とワークシート)を収録しています。PDF資料は、本編の視聴後の復習及び発展学習として、学校の授業、自主学習、出前講座などに幅広く対応できる内容となっています。パソコンで開いて、プリントアウトをしてご利用ください。

補足解説 (2)

3.
本編の内容とPDF資料〔補足解説(1)〜(5)、ワークシート(1)〜(3)〕との対応

本編の内容は、高校生の里村奈美が、学校生活や日常生活での契約のエピソードをもとに、亡き祖父で元弁護士の里村権三の助けをかりて、「契約とは何か」「契約成立とは」「法的拘束力とは」について考えながら、民法や契約の基礎知識を次第に身につけていきます。奈美と一緒に、法律の考え方やバランス感覚を学習することができます。

第1章 わたし、ケーヤクしちゃったの?

補足解説(1)
契約の成立、契約と約束の違い、契約自由の原則

第2章 Tシャツに想いをこめて

補足解説(2)
契約の拘束力、債権と債務 など
補足解説(3)
契約の解除、債務不履行とその他の取消し など

第3章 お兄ちゃんの引っ越し

補足解説(4)
契約書と約款

第4章 元気でいてね、おばあちゃん

補足解説(5)
民法と消費者契約法及び特定商取引法

ワークシート (2)

補足解説(1)〜(5)は、各章の解説POINT と、本編では解説しきれなかった事項について、登場人物たちの会話を通して、理解を深めることができます。

また、ワークシート(1)〜(3)は、それぞれ生徒用と指導者用解説編があります。そのままプリントアウトして利用できます。

ワークシート(1)、(2)は穴埋め問題で、指導者用解説編には問題の解答と解説を記載していますので、より高度で発展的な民法などの知識が習得できます。

ワークシート(3)では、本編のエピソードをもとに、消費者役と店員役に分かれて、契約書の作成にチャレンジします。それぞれの立場で、契約をするにはどのような取り決めごとが必要か、どのような点に注意する必要があるのかを学習することで、自立した消費者としてのセンスを養います。

4. 本DVDと学習指導要領との対照

家庭科

● 高等学校「家庭基礎」

「(2)生活の自立及び消費と環境 エ消費生活と生涯を見通した経済の計画 」

「消費生活の現状と課題」、「消費者の権利と責任」

● 高等学校「家庭総合」

「(3)生活における経済の計画と消費 イ消費行動と意思決定 」

「消費行動における意思決定の過程とその重要性」

「(3)生活における経済の計画と消費 ウ消費者の権利と責任 」

「消費生活の現状と課題」、「消費者問題や消費者の自立と支援」、「消費者としての権利と責任」

● 高等学校「生活デザイン」

「(2)消費や環境に配慮したライフスタイルの確立 ア消費生活と生涯を見通した経済の計画 」

「消費生活の現状と課題」、「消費者の権利と責任」

● 高等学校 専門学科「消費生活」

「(2)消費者の権利と責任 イ消費者の権利と関係法規 ウ契約と消費生活 」

公民科

● 高等学校「現代社会」

「(2)現代社会と人間としての在り方生き方 エ現代の経済社会と経済活動の在り方 」

「経済活動を支える私法に関する基本的な考え方」、「消費者に関する問題」

● 高等学校「政治・経済」

「(1)現代の政治 ア民主政治の基本原理と日本国憲法 」…「法の意義と機能」、「権利と義務の関係」

「(2)現代の経済 ア現代経済の仕組みと特質 」…「消費者に関する問題」

中学校の授業でも…

●「技術・家庭」家庭分野

 D身近な消費生活と環境
「(1)家庭生活と消費 ア消費者の基本的な権利と責任 」

●「社会」公民的分野

「(1)私たちと現代社会 イ現代社会をとらえる見方や考え方 」…「契約の重要性」

「(1)私たちと経済 イ国民の生活と政府の役割 」…「消費者の保護」