わたしは消費者 教員向け消費者教育情報提供誌・Web版
ページ1

4コマ漫画で楽しく学ぶ!〜若者向け消費者読本の案内〜

東京都消費生活総合センター

都内の消費生活センターに若者から寄せられた相談は、平成25年度は約1万5千件と、前年度から約7%増加しました。悪質事業者は、高齢者ばかりでなく、大学に入学したばかりの新入生や、就職したての新社会人なども狙っています。社会経験の不足している若者は、被害に遭っている自覚すらない場合もあり、消費者トラブルに関する知識を、高校卒業前に身につけておくことは、被害を防ぐうえでとても有効です。

そこで、東京都では、若者が消費者問題を分かりやすく理解できる読本を作成しました。大学生に被害が増えつつあるマルチ商法や、社会人にありがちなクリーニングのトラブルなど、悪質商法から日常的なトラブルまで、高校生が卒業後に直面しそうなテーマを幅広く取り上げています。また、漫画だけでも楽しく読めますので、中学生や小学生が、消費者問題に触れるきっかけとしても最適です。「東京くらしWEB」からダウンロードもできますので、ぜひご活用ください。

内容

くらしに潜む悪質商法・トラブル編

1.
キャッチセールス
2.
アポイントメントセールス
3.
マルチ商法/マルチまがい商法
4.
サイドビジネス商法
5.
架空・不当請求(ワンクリック詐欺)
6.
SNSをきっかけとしたトラブル
7.
インターネット取引のトラブル
8.
長期にわたるサービス契約のトラブル(エステ、語学教室など)
9.
クレジットカードの使い過ぎによるトラブル
10.
携帯電話の料金滞納
11.
多重債務
12.
クリーニングのトラブル
13.
健康食品のトラブル
14.
賃貸住宅のトラブル
15.
格安航空(LCC=Low Cost Carrier)のトラブル

くらしに役立つ知識編

16.
契約って何?
17.
金融商品との向き合い方
18.
クーリング・オフ
19.
消費生活センターの概要

規格

  • A5判 24ページ(表紙・裏表紙含む。)

シニア向けの消費者読本もあります。あわせて使おう!