わたしは消費者 教員向け消費者教育情報提供誌・Web版
ページ1

Web版消費者教育読本
「〜しっかり考え楽しくチャレンジ〜さあ始めよう!自分でお買い物」を使用した授業を実施しました!

東京都消費生活総合センター

東京都消費生活総合センターでは、平成25年度に作成した小学生向けWeb版消費者教育読本「〜しっかり考え楽しくチャレンジ〜さあ始めよう!自分でお買い物」(以下「Web版読本」という。)を使用した授業を荒川区小学校教育研究会家庭科研究部の協力のもとに実施しました。当日は、荒川区内の小学校教員や東京都の家庭科教員が授業を見学しました。

1.開催の概要

実施校 :東京都荒川区立汐入小学校
場 所 :パソコンルーム
学 年 :6年生(34名)
授業者 :山田 敦子 主幹教諭
日 時 :平成26年9月17日(水)13:45〜14:30
本時の
めあて
:「材料(加工食品)の選び方・買い方を考えよう」
目 標
  • 目的に合ったベーコンの選び方や買い方について考えたり工夫したりできる。(生活を創意工夫する能力)
  • 品質の表示やマークの意味を知り、用途や品質を考えた物の選び方や買い方について理解することができる。(家庭生活についての知識・理解)

2.開催場所

〔授業開始時の山田先生と児童〕

授業開始時の山田先生と児童

実施校のパソコンルームでは、一人1台のパソコンが設置されています。操作画面は集中管理ができるため、児童が操作する画面と説明用の画面に自由に切り替えることができます。山田先生はパソコンの画面と黒板を巧みに扱い、授業を効果的に進めていました。

3.事前の学習状況

汐入小学校の児童は、これまでに「金銭の大切さ、ノートの選び方、環境を考えた買い方、野菜の選び方、衣服の選び方」を学習しています。最初は商品を選んだ理由を自分の言葉で表現するのが苦手だった児童も繰り返し表現していくうちに自分の考えを表現できるようになったそうです。今回は「加工食品」の選び方から主に品質表示の見方を学びます。

4.指導計画「自分で作ろう!お弁当(全13時間)」

ご飯とみそ汁を中心とした
家族が喜ぶ献立を考えよう
加工食品の選び方を考えよう(本時)
お弁当の献立を考えよう
お弁当作りの計画を立てよう
10
11 お弁当を作ろう
12
13 まとめよう