ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

東京くらしWEB

くらしに関わる東京都の情報サイト

ホーム > 学びたい > 消費生活トラブル > 消費生活トラブル1

更新日:2013年3月21日

消費生活トラブル1

<<「あなたの街の消費生活トラブル」トップに戻る

気になるところをクリックしてみて

催眠商法資格商法利殖商法ネットオークション詐欺多重債務

催眠商法

催眠商法

日用品や試供品の無料配布、健康器具の無料体験などをうたって消費者を会場に誘導。販売員が巧みなトークで場を盛り上げ、客を「買わなきゃ損」という気持ちにさせ、最後に高額商品を売りつけます。

資格商法

資格商法

職場等に電話をかけ、資格を取るための講座や教材をしつこく勧誘。「結構です」と断ると、勝手に承諾したとみなされることも。以前の被害者に新たに別の契約をさせる二次被害も増えています。

利殖商法

利殖商法

投資経験や金融知識がない人に、「高利回り」「必ず値上がりする」「損はさせない」といったセールストークで、リスクの高い金融商品への投資や出資話を持ちかけます。

ネットオークション詐欺

ネットオークション詐欺

ネット通販やネットオークションは便利ですが、トラブルも多発しています。お金を振り込んだのに商品が届かず、相手と連絡が取れなくなったり、送られてきたものが偽物だったり。ネットを通じて個人情報が狙われることもあります。信用できる取引相手かよく見極める必要があります。

多重債務

多重債務

クレジットカードで買物をしすぎたり、消費者金融で気軽に借りているうちに、借金が増えて返せなくなる人もいます。借金を返すために借金を重ねたら、あっというまに多重債務、自己破産に陥ります。そうなる前に専門の相談窓口や消費生活センターに相談しましょう。くれぐれもヤミ金融には近づかないように。

>>もっと詳しく

お問い合わせ先

東京都消費生活総合センター活動推進課学習推進担当

電話番号:03-3235-1157

ファックス番号:03-3268-1505

  • 東京都生活文化局消費生活部
  • 東京都消費生活総合センター
  • 東京都計量検定所

Copyright © Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.