ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

トップページ > 学びたい > 出前講座(講師派遣) > 学校向け出前講座のご案内

更新日:2021年5月10日

学校向け出前講座のご案内

【重要】 講師の派遣を休止します

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、令和3年5月31日(予定)まで講師の派遣を休止とさせていただきます。皆様には、大変ご不便・ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

若者の消費者被害の防止のために

 若者の消費者被害を防止するためには、特に、社会に出る前の学生や生徒・児童に対する消費者教育・啓発が必要であり、消費生活総合センターでは、都内の学校へ専門の講師を派遣する「学校向け移動講座」を実施しています。
※電子申請でのお申し込みも受付しております。  

内容

若者に多いマルチ商法・アポイントメントセールス・架空請求・キャッチセールスなどの悪質商法被害や、インターネット・スマートフォン・SNS等をきっかけとしたトラブルなどについて、事例や被害にあわないためのポイント、被害にあった際の対処方法などをお話しします。成年年齢引き下げに伴う消費者としての心得などもお話いたします。ローンやクレジットのしくみ・お金の使い方などの金融教育についても講義します。

座学の講座のほか、体験型の実験講座も多数メニューをそろえています。オンラインでの講座実施についても、ご相談ください。

チラシ表 チラシ印刷用(PDF:218KB)

講師

消費生活相談や商品テスト指導などの経験を積んだ消費生活の専門家(東京都消費者啓発員:コンシューマー・エイド)が講座を行います。

教材

講義資料や啓発用リーフレットを使用します。また、楽しみながら学べる消費者教育DVDなども必要に応じて活用します。

講座時間

30分から2時間程度

日時

曜日・祝日を問わず午前10時から午後8時まで

ただし、年末年始(12月29日から1月3日まで)は除きます。

費用

無料

講座のテーマ例

例1 若者の悪質商法被害防止

  1. 契約とは何か
  2. クーリングオフ制度
  3. 未成年者契約取消し
  4. 若者がねらわれやすい商法の手口、被害、予防策
    (アポイントメントセールス、キャッチセールス、マルチ商法、架空請求など)

例2 インターネットやSNSのトラブル防止

  1. インターネットやSNSをめぐるトラブルの実態
  2. 契約を意識しましょう
  3. トラブルに巻き込まれないために!

例3 ローンやクレジットのしくみとトラブル防止

  1. カードの種類
  2. クレジットとローン
  3. クレジットカードの機能
  4. クレジットカードの仕組み
  5. 金利(手数料)
  6. 返済方法
  7. クレジットをめぐるトラブル
  8. クレジットカードの正しい利用法

講座内容の詳細は、担当する講師が調整をさせていただきます。

申込方法

希望日の1ヶ月前までに、下記の申込先にお電話で以下の事項をお知らせください。

  1. 学校名・連絡先
  2. 希望日時・会場
  3. 講座のテーマ
  4. 受講者の人数・学年

お電話でのお申込後、申込書に必要事項を記入し、電子申請、郵送又はFAXで申込書を提出していただきます。

申込先

〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ15階
東京都消費生活総合センター活動推進課協働連携事業担当
電話:03-3235-4167 FAX:03-3235-1229

電子申請手続きはこちら外部サイトへリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

東京都消費生活総合センター活動推進課協働連携事業担当

電話番号:03-3235-4167

ファックス番号:03-3235-1229