メニュー

安全シグナル乳幼児の周りでの洗剤・消臭剤等の置き場所に気をつけて!

 東京都が行った乳幼児を持つ保護者を対象とした「乳幼児における家庭内の水回りの危険」のアンケートでは、お風呂場、洗面所、トイレ、キッチンのいずれの場所でも起こっているヒヤリ・ハット経験に、「洗剤を誤飲した・しそうになった」等がありました。

もう少しで大変なことに! 実際にあったヒヤリ・ハット事例

  • お風呂場子供が勝手にお風呂場に行き、レモンのイラストが描いてある風呂用洗剤をジュースと間違えてごくごく飲んでいた。(女1歳)
  • 洗面所パック型の洗剤をなめて嘔吐した。
    今までは洗濯機に入れてくれていたので、なめると思わなかった。(男1歳)
  • トイレジュースだと思ったのか、消臭剤を少しなめてしまっていた。慌てて吐き出させた。(女3歳)
  • キッチン流しでふきんの漂白をしていたら、子供がその漂白用の塩素水で水遊びをしようと手をつけていた。(女3歳)

乳幼児の手の届くところに置かない!見せない!

  • 洗剤等のパッケージには「子供の手の届くところに置かないでください」等の注意書きが必ずあります。
    いま一度、保管場所をチェックしてみましょう。
  • 果物をはじめ、食べ物の絵や香りのついた洗剤や消臭剤は、特に口に入れたくなるものです。
    乳幼児に興味を持たせないよう、使用・保管には十分気をつけましょう。
[参考]
東京くらしWEB>くらしの安全>ヒヤリ・ハット調査>「乳幼児の家庭内の水回り事故防止ガイド」を作成!
HPhttp://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/anzen/hiyarihat/infant_mizumawari.html
お問合せ先
東京都生活文化局 消費生活部 生活安全課 
TEL03-5388-3055

●くらしに役立つバックナンバー